生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

女性の厄年出産!ベビー、私は大丈夫?厄年の年齢は?

      2016/05/05




出産をひかえて、何かと気になることが多い時期。

不安なことは一つでも少ないほうがいいですね。

出産するときにはちょうど厄年だなぁ・・・
と気づいて、何をすればいいか考えてしまっている人もいるかもしれません。
もちろん、厄年だからといってあまり気にする必要はないのです。

体調が整って、お母さんも心身ともに健康で、
元気な赤ちゃんが生まれることが一番
なのですから。

ただ、昔からの習慣や言い伝えの中には、
それなりの理由があることも確か。
悩み事は消し去って、すっきり出産にのぞめるよう、
厄年について、少し勉強しておきましょう。
出産、私とベビーの画像


まず厄年って?

まず厄年って?の画像

厄年とは、その年前後は生活に気を付けて過ごさないと、
健康や仕事、周囲の環境などいろいろなものに、
あまりよくないことが起こる、とされている年のことです。

男性の場合は、25歳、42歳、61歳が厄年で、一番大きな厄が訪れるとされるのが、42歳が大厄です。
また、女性の場合は、19歳、33歳、37歳となっていて、大厄は33歳です。


どうしてこれらが厄年と言われるようになったのでしょう?

理由はいろいろ言われていますが、
昔から、これらの年齢の時期には、体調や環境の変化が訪れやすく、
悪い変化も起こりやすい
ので気を付けるように、
という戒めの年だった、という説が有力です。

昔は今より、就職も、結婚も、出産も、
そして平均寿命も、現在よりはだいぶ早かったので、
たとえば女性の厄年だと、


  • 19歳は初産の時期
  • 33歳は子育で忙しく無理をしやすい時期
  • 37歳だと高齢出産やさまざまな婦人科の病気

といったふうに、体調の変化が大きいのが、
ちょうどこの時期だったのでしょうね。


厄年ママの出産は何が心配?

さきほども述べたように、
昔の人の知恵から生まれた、「この年は気をつけなさい」
という意味が厄年にはあるのです。

たとえば33歳厄年の女性が出産する場合、
責任のある仕事を任せられていたり、
下にもお子さんがいたり、
何かと大忙しの時期に出産することが、多くなるのではないでしょうか?
くれぐれも、無理せずに過ごすことが大事です。

また、厄年だから気になる、と思ったのなら、
神社などへ厄払いにきちんと行って、気分を一新するのもいいですね。

また、日々「厄年だから気をつけなきゃ」という気持ちでいることで、
日常生活を丁寧に送ることができるかもしれません。

いずれにしても、
厄年だからといって何か呪いのようなものがある、という意味では決してありませんので、あまり気にしすぎないことです。

⇒厄年と13日の金曜日の秘密を暴露


今はポジティブな見解があるらしい

今はポジティブな見解があるらしいの画像 【出典:http://www.ac-illust.com/】

以前は、両親のどちらかが厄年のときに生まれる子供は、
その厄を背負って生まれてくると言われました。

ですから、その子のために、
近所からいろいろなものをもらい受けて、
着るものや食べるものを作って与えたりしました。

厄を背負ってくるとはいっても、よく考えれば、
みんなから愛情を受ける幸せな子かもしれませんね。
今では、生まれてくる子供が、
厄を払ってくれるという考え方もあるようです。
そんなパワーのある子が生まれてくると考えると、
やってきてくれるのがさらに楽しみになるのでは?


先輩や厄年ママの声

私は、出産の年がちょうど33歳の厄年でした。

妊娠しているときも前厄でしたし、主人も41歳の前厄ということで、家族みんなで厄除けのご祈祷をしてもらいました。

神社にでかけて、安産のお願いもしてきたので、とてもさわやかな気分になりました。
無事に出産したあとも、同じ神社にみんなでお宮参りにいきましたよ。
(35歳・女性)



厄年はあまり気にしていませんでした。
生まれたあとで、そういえば後厄だったと気づいたくらいです。
周囲の人も何も言わなかったので、厄年だから悪いとか考えたことはなかったです。
もし気になるなら何かしてもいいと思いますけど・・・
考えすぎるほうがよくないですよ!
(38歳・女性)



義理の母がとてもそういうことを気にする人なので、厄除けに行かされました。
妊娠中に移動したりしないといけなくて、面倒くさいなとそのときは思いましたが、今になって思い出すと、心配してもらってありがたかったなと思います。
みんなが安心するために、厄除けもいいかもしれないです。
(27歳・女性)





ライター:のあ

Sponsored Links


本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 恋愛・子育て



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

保育園の遠足用お弁当グッズ!100均で揃う

保育園の遠足は、 小さな子供たちにとって、 はじめての遠足になるのではないでしょ …

距離を置くと言われた彼氏に会いたい‥このまま待つべき?

「しばらく会わずに距離をおこう‥」 大好きな彼氏から突然の一時的な別れを告げる言 …

カップル向け!お花見デートのお弁当!中身だけじゃダメ!

今週末は、彼と一緒のお花見デート! なんて、あなた! 手作りお弁当を作って「出来 …

A型男性と相性のよい女性の血液型は?経験者インタビュー

几帳面、神経質、何事にも細かい…… ネガティヴな言葉と共に語られがちなA型男性の …

結婚式の費用が足りない!貯金なしで払えないときは?

『神様の前で2人で結婚の誓いをする』 という儀式、それが結婚式です。 &nbsp …

no image
大嫌いと言われた‥「嫌い」を言う人の心理とは?

「大嫌い!」 こんなことを言われちゃうと、誰だって落ち込んじゃいます(泣) どう …

ホワイトデーのメッセージ!メール例文まとめ

ホワイトデーのお返しは決まりましたか? お返しの品を渡しながら、直接相手に、 感 …

no image
「なぜか惹かれる人」の5つの秘密

「あの人、タイプじゃないのになぜか惹かれる・・・」     …

卒園式コサージュの正しい色は?服装で失敗しないつけ方

寒い冬も終わり、春の温かい季節が近づくと いよいよ卒園式のシーズン到来ですが、 …

50歳「独身男性」の恋愛傾向と共通点‥なぜ結婚できないの?

子供を産む女性と比べて、独身男性は恋愛や結婚について話題に上がることが少ないと思 …