【大人のピアノ初心者】12.両手で練習するときのコツ

スポンサーリンク

ピアノ初心者が、
ゼロからピアノを独学するための、
大人のピアノ初心者講座です。

片手ずつの練習は、
スムーズにできるようになってきましたか?

今回は、
両手をあわせた練習
はじめてみましょう。

 
スポンサーリンク


【大人のピアノ初心者】弾いてみよう:両手で音階を弾いてみよう

ピアノ教室12_01両手で曲を弾く基本は、
まず別々に練習すること。

両方がうまく動くようになったら、
両手をあわせてみます。

まだ、
両手を別々に動かして曲を弾くのが難しい人は、

まず右と左で
同じメロディーを弾いてみましょう。

簡単なフレーズでも、
左右が乱れる音が合いません

ぴったりと、
左右同じメロディーを奏でられるよう、

リズムを整えていきます。

こういった練習に慣れたら、
左手伴奏としている曲を探して、

弾けるようにしていきましょうね。

【大人のピアノ初心者】弾いてみよう:右はメロディー、左はリズムを意識

さて、
左右の指を
同時に動かすことには慣れましたか?

和音の練習もできていますね?

では次に、たとえば、
こういった練習曲はどうでしょうか?

有名な
「きらきら星」
の曲です。

【出典:http://park15.wakwak.com/~printemps/beginner.html】

一段目と三段目は右手メロディー
左手和音の伴奏になっています。

二段目は、左手メロディーです。

ちなみに、
音符の上についている小さな「・」は、
「スタッカート」といいます。

歯切れよく、はずむように弾いてください。

「ドードーソーソーラーラーソー」
ではなく、

「ド・ド・ソ・ソ・ラ・ラ・ソー」
というイメージです。

その他にも、
簡単な練習曲が、
インターネット上でもたくさん紹介されています。

⇒ピアノの練習 ABC 練習曲 1 take5 Le Couppey Op.17 L’ABC

ピアノの練習 ABC 練習曲 1 take5 Le Couppey Op.17 L'ABC

【大人のピアノ初心者】弾いてみよう:指慣らし用の教本も強い味方

指慣らしの曲として
一番ポピュラーな教本が
「ハノン」
だと思います。

⇒ハノン練習曲 第3番

ハノン練習曲 第3番

単純なメロディーの繰り返しですが、
とてもよい基本練習になります。

入門の人には、
手首ポジション柔らかさを確認する目安にもなりますし、

シンプルな音の繰り返しなので、
五本の指の音が、

きちんと同じように出ているかも良くわかります。

一度弾けるようになっても、
スピード音色を変えながら、

指ならしに何度でも使える練習曲なので、

上級になっても、
練習前のウォーミングアップ
として利用していたりします。

「ハノン」は、
ぜひ練習に取り入れてくださいね。

 

続きの記事はこちら↓
【大人のピアノ初心者】13.思い出も経験も表現力に!

まとめはこちらから↓
【大人のピアノ初心者】(全13回)のまとめ

指が思うように動かない あなたはこちら↓ 
【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材1 ※全額返金保証付

有名ピアノ教室のレッスンを受けたい あなたはこちら↓
【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク (C)
大人のピアノ教室
今回の内容は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように努めます。
生活の知恵袋 オーロラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク (R)

 

 

    タイトルとURLをコピーしました