【大人のピアノ初心者】5.ト音記号とヘ音記号、黒鍵の意味

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピアノ初心者が、
ゼロからピアノを独学するための、
大人のピアノ初心者講座です。

今回は、
楽譜の読み方
もうすこし詳しく見ていきましょう。

譜面の読み方が分かってきたら、
独学もになりますので、

基本をおぼえるまでは少しだけ、
がまんして勉強してくださいね。

 
スポンサーリンク
 

【大人のピアノ初心者】楽譜に慣れる:ト音記号とヘ音記号

ピアノ教室05_01音符には、
ト音記号ヘ音記号があります。

ト音記号は有名ですね。

ピアノ教室05_02
それから、
こちらがヘ音記号です。

ピアノ教室05_03
ト音記号は
高音部分の楽譜をあらわし、

ヘ音記号は
低音部分の楽譜をあらわしています。

右手の譜面にはト音記号
左手の譜面にはヘ音記号

使われることが多いのです。

長いピアノのからまでを
一つの音符にのせるのは難しいので、

こうやって
高音部低音部を分けているんですね。

楽譜の読み方は、
またあとで勉強することにして、

ここでは、
ト音記号高音部の楽譜で、
ヘ音記号低音部

ということだけ覚えておいてくださいね。

⇒ヘ音記号の楽譜の読み方1(中央のド)♪なっちゃん先生音楽レッスン

ヘ音記号の楽譜の読み方1(中央のド)♪なっちゃん先生音楽レッスン

【大人のピアノ初心者】楽譜に慣れる:譜面にある分数はなに?!

ピアノ教室05_01楽譜には、
一番左に
「4分の4」とか、
「8分の3」とか、
分数が書いてあります。

上記の楽譜では
「2分の3」
と書いてありますね。

これは、
1小節(縦線から縦線までの一区切り)は、
どの音符が、
いくつはいる長さか」
という説明です。

つまり上記は、
「1小節は、二分音符が、3つ入る長さ」
という意味。

(ただし、
左端の1小節目長さの決まりがありませんので、
二分音符1つしか入っていませんね)

初心者用の楽譜には、
「4分の4」
が書いてあることが多いと思いますので、

まず、
1小節の中に四分音符4つ
と覚えてくださいね。

【大人のピアノ初心者】楽譜に慣れる:♭と♯は黒鍵の出番

さて、もう一つ、
上記の楽譜の中で読み取れるものがありますね。

ピアノ教室05_04これが「シャープ」
半音階あがる
という意味です。

ピアノの鍵盤には、
白鍵黒鍵がありますが、

楽譜は白鍵を基本にして書かれています。

たとえばドの音に、
このシャープがついていたら、

ドのすぐ右隣の黒鍵
「ドのシャープ」
です。

ピアノ教室05_05これが「フラット」
半音階さがる
という意味です。

白鍵のすぐ左隣にさがった黒鍵
「フラット」
です。

ピアノ教室05_06【出典:http://azukichi.net/melody.html】

そして最後に、
これが「ナチュラル」

半音階あげた
または半音階さがった音を、

元の白鍵の音に戻します
という意味です。

シャープフラットの表記は、
基本の音階として
楽譜の一番初めに書かれていることもありますし、

一部だけシャープフラットにするために、
楽譜の途中で、

シャープフラットがつけられることもありますよ。

 

続きの記事はこちら↓
【大人のピアノ初心者】6.フォルテとは?「ド」の位置は?

まとめはこちらから↓
【大人のピアノ初心者】(全13回)のまとめ

指が思うように動かない人はこちら↓ 筆者のおすすめ教材①
ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】

もっとしっかり学びたい人はこちら↓ 筆者のおすすめ教材②
【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット

 

スポンサーリンク (R)

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

大人のピアノ教室
今回の内容は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように努めます。
生活の知恵袋 オーロラ

 

 

    タイトルとURLをコピーしました