【大人のピアノ初心者】2.姿勢・手のフォームとストレッチ

スポンサーリンク

ピアノ初心者が、
ゼロからピアノを独学するための、
大人のピアノ初心者講座です

今回は、
ピアノをひくための準備を整えましょう。

姿勢手の位置などによって、
ぐっと弾きやすくなりますので、
悪い癖をつけないように、
初歩の段階から身につけましょう。

 
スポンサーリンク


【大人のピアノ初心者】はじめの一歩編:正しい姿勢を覚えましょう!

ピアノ教室02_01
まずピアノの前に座ったら、

椅子に気を付けましょう。

重要なのは、
椅子の高さと、
椅子とピアノとの距離です。

椅子に浅めに座り、
鍵盤に手をのせたとき、
腕が水平になるのが理想の高さです。

そのとき、
肘は胴より少し前に出るぐらいがよいでしょう。

の距離は、
遠すぎても近すぎても、
指先がスムーズに動きません

次に、
姿勢を整えましょう。

初めてピアノを弾く人は、
ついつい肩に力が入りすぎてしまい、
猫背いかり肩になることが多いので、
注意してください。

すっと背筋をのばして、
リラックスしてください。

【大人のピアノ初心者】はじめの一歩編:正しい手のフォームは?

なめらかにを動かしてピアノを弾くためには、
手のフォームも重要です。

よく、
「手のひらでタマゴをつつむように」
と言われますが、
ちょっと想像しにくいですね。

最近ではパソコンを使う人も多いと思いますが、
パソコンのキーボード打つときの形が
それに近いかもしれません。

キーボードを打つ時には、
となりのキーになめらかに移動できるよう、
手首を支点にして、
ふんわりと5本の指を折り曲げていますね。

その形をそのまま浮かせて
ピアノの上に持っていき、
少しだけ手首を持ち上げてやるイメージです。

⇒動画でピアノレッスン☆手軽に手と指のフォームを整えよう!

動画でピアノレッスン☆手軽に手と指のフォームを整えよう! | Piano lessons Video

【大人のピアノ初心者】はじめの一歩編:指を柔らかくする毎日のストレッチ

使い慣れない筋肉を使うと、
すぐに疲れてしまうものです。

ピアノを弾き始める前に、
手と指のストレッチをしておきましょう。

まず、
手首をぐっと手前にたおして、
手の甲側をストレッチします。

反対側の手で、
痛くない程度にぐっと押します

次に
手首反対側にそらし、
手のひら側をストレッチ。

手のひら側ストレッチが終わったら、
その形のままで、
指を一本一本かるく反らしていきます。

両手のストレッチが終わったら、

最後は、
手を肩の上にあげて
大きく背伸びしてください。

これで、準備完了です。

 

続きの記事はこちら↓
【大人のピアノ初心者】3.毎日の練習時間と基礎練習法

まとめはこちらから↓
【大人のピアノ初心者】(全13回)のまとめ

指が思うように動かない あなたはこちら↓ 
【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材1 ※全額返金保証付

有名ピアノ教室のレッスンを受けたい あなたはこちら↓
【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク (C)
大人のピアノ教室
今回の内容は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように努めます。
生活の知恵袋 オーロラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク (R)

 

 

    タイトルとURLをコピーしました