生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

レポートの字体はどれを使うべき?おすすめフォントはコレ!

   



大学入学後、早速レポート提出を命じられたものの、レポートの書き方がわからない!

「Wordって何?使ったことないし!」「フォントってどれを使うの?」「何か設定変えなきゃいけないの?」

と、内容の前に気になることがたくさんあって書き始められない。授業では何も説明されませんし、その疑問は自力で解決しなくてはなりませんよね。


「レポート 字体」という検索ワードでこのページに辿り着いた方は、おそらく字の書き方や雰囲気を表すものを、どれにしたらいいか迷っておられるかと思います。そういう方が求めているのは、

書体=フォントです。

ワードで”MS明朝”とか”MSPゴシック”という項目がズラリと並んでいるのがフォントの設定。今日取り扱うのは、このフォント(=書体)です。

 

それを踏まえた上で、今日のテーマは

「レポートの字体はどれを使うべき?おすすめフォントはコレ!」
  • 大学生向けのレポートの書き方
  • 社会人が社内外に提出するレポート類の書き方
  • 書体(フォント)以外で気をつけるべき点
  • 就活生が履歴書やエントリーシートで選ぶべき書体
という、内容を考える前に知っておくべき”書き方の基本”の部分を丁寧に解説していきます!

レポートの作成にお困りの学生さんや、仕事で使う書類の作成に悩む新社会人さんは、ここでさらっと基本を押さえておきましょう。

もちろん私も大学ではプレゼンやレポートを作成していましたし、事務職として勤務していた私自身の経験も踏まえての内容にしました。実際にどうだったのかという経験が、あなたのお役に立てば幸いです。
Sponsored Links

レポートの書体はどれを使うべき?

大学生でも社会人でも、基本的には提出先から指定を受けている場合はそれが優先です。

「こういう状態で統一してくださいね」という指示には従うべし!

中にはフォントの種類だけでなく、字数やページ数、行間の幅、余白の大きさに至るまで細か~く指定されている場合もありますしね。指定がなければ、常識の範囲内で設定しておきましょう。
今日はその”常識の範囲内”が分からない学生・社会人・求職者へ向けての記事なんですが、場合別で順番に紹介していきますね。

大学レポートの場合、書体はどれがおすすめ?


提出先の学部、あるいは教授ごとに指定されているレポート形式に従うのが基本です。

フォントはこちらを選びましょう。

本文が日本語 ⇒MSP明朝かMS明朝

本文が英語 ⇒TimesやArial

 

基本の文字サイズは10.5ポイント、タイトル・見出しは本文より多少サイズを大きくし、MSゴシックを使うのが標準的です。

文書が美しく見えるのはMSP明朝!

MS明朝でも一行の文字数は揃いますが、より読む側に見やすいのはMSP明朝です。数字の表などは等幅フォントが見やすいですよ!

また例えば自然科学の分野なら「生物の学名はイタリック体で記す」のように、その分野特有の決まり事がある場合もあります。そういう場合はテキストや参考文献などの書体に注目したり、範例が載っている本を探すのも1つの手段ですよ。

ちなみに用紙の設定は、特に指定の記載がなければ

A4用紙横書きで、1枚に1200字(40字×30行)程度

が標準の設定です。

 

レポートを社内外に提出!社会人がよく使う書体はコレ!


やはりここでも同じ前置きになりますが、社内外において規定や通例があるのであれば、それに従うこと!

特に規定がなく、見栄えに対するこだわりもないのであれば、

Wordの基本設定でかまいません。

Word2013以降だと、見出しのフォントは”游ゴシック Light”、本文のフォントは”游明朝”がデフォルトになっていますね。

ちなみに公文書では、MS明朝でサイズは10.5ptが標準的です。

社内文書というのは、どこの会社でも大抵は標準形式が決まっています。こういうものは誰が作成しても、また使うソフトのデフォルト設定が変化しても、同じ形式で作り続けたいものですからね。

なので、その社内文書を管理してる部署に確認したり、保管されている前年度までの文書から同じ内容のものを探すなどすると良いでしょう。

書体だけじゃない!レポートで大切なのは一貫性と読み易さ

①フォント、文字サイズをパターン化する

単語や文章、見出しを強調したいからと言って、マンガのように装飾の激しい書体を使うのはやめましょう。また章立ての場合でも、途中でフォントや文字サイズを変えたりはしません。

タイトルの書体と大きさはこれ、見出しならこれ、本文はこれで!というように基本の設定を決め、それに従って書いていくと全体の統一感が出ますよ。

例えば本文をMSP明朝で書いている時に、見出しをどうするか。最初に「見出しの時はMSゴシックで12ptを使おう」と決めておくと、見出しごとに設定が変わってしまうこともありません。

また漢字やかな(カナ)文字は全角、数字・アルファベットは半角で統一します。

こういう基本のルールを守って書くことで、全体がスッキリと見やすい文章になります。

②語尾もしっかり統一する

「~です。」「~ます。」と「~だ。」「~である。」を混ぜて使わないという点にも注意しましょう。レポートに丁寧な言葉遣いは必要なく、寧ろ余計な文字数を削って内容を濃くした方がいいので、基本的には「~だ。」「~である。」の断定口調を使います。

ただこの断定の口調を使い慣れていないと、ついつい途中で「~となっていますが」と丁寧な表現が混ざっていたりします。私もうっかり混ぜて使ってしまうことが多かったので、必ず語尾に注目した見直しを1回はするように心がけていましたよ。

③書き終わった文章を、読みやすく整理していく

ページ数が複数の場合は、各ページの下にページ番号を入れるよう設定するよう習慣づけておきましょう。万が一順番がわからなくなっても、読み返すことなく揃えられますしね。

文章量の多い長いレポートならば、内容のまとまりごとに章にして区切っていきます。章立てで細かく分かれている場合は、本文の前に目次を入れておくこと見やすいですね。

他にも
  • 句読点が適切な場所にあるか?(多すぎて読みにくくないか?)
  • 段落の始めは一文字分の空白を開けているか?
  • 段落と段落の合間に空白の行を入れていないか?
 

といった、基本の部分を見直ししておくと良いでしょう。

レポートの場合は回りくどくても体言止めを使わず、主語も省略しないで書くのが基本です。

「話し言葉やくだけた表現になっていないか」に気をつけて読み直してみると、意外と直す箇所が見つかったりしますよ。

また印刷の際の余白も、基本的にはデフォルトの設定でOKです。

余白は減らさない方が無難。左右の余白を20ミリくらい設け、綴じた時に文章が”綴じ部分”に食い込まないで見られるように配慮する必要があるからです。
Sponsored Links

就活生の自己紹介、転職者の職務経歴書にふさわしい書体とは?

履歴書は、基本的には手書きをオススメします。


手書きの履歴書は、読み手を意識して丁寧に書くほど熱意ある文書という印象になるのに対し、エクセルで作った履歴書は簡単に量産できるラクした文書(=手抜き)という印象になってしまいがち。

また面接官は筆跡から性格も読み取ろうとしています。

この会社のためだけに書いた履歴書というイメージになるよう、手書きで頑張りましょう。

ただし会社の方からワードやエクセルでの作成をしている場合や、IT系の企業でパソコン技能を活用している人物が望まれる場合など、パソコン入力の履歴書が推奨されることもあります。

加えて「履歴書が手書きではなかったから」という理由で選考に落ちるということは、ほとんどありません。別紙で自己紹介文や職務経歴書を添える場合はWordなどパソコン入力を使用することもありますし、志望する会社に合わせて使い分けていけばいいでしょう。

特に書き方に指定が無い場合でも、フォントは奇を衒うものではなく、「企業に自分を売り込むビジネス文書」と考えて定番を設定しておきましょう。
タイトル(氏名・学歴・志望動機といった項目名)はゴシック、本文は游明朝などの明朝体がオススメです。

まとめ


<大学のレポートの場合>
  • 本文が日本語⇒MSP明朝かMS明朝英語⇒TimesやArial
  • 見出しにはMSゴシックを使うのが標準的
  • 文字サイズは10.5ポイント、タイトル・見出しは本文より大きくする
  • A4用紙に横書き、1枚に1,200字程度が目安
<社会人のビジネス用レポートの場合>
  • 社外に出すレポートは、基本的にはワードのデフォルトでOK
  • 習慣的に作成する社内文書の場合は通例に従う
<フォント以外に気をつけるべきポイント>
  • フォント、文字サイズをパターン化する
  • 語尾もしっかり統一する
  • 書き終わった文章を、読みやすく整理していく
<就活で作る文書>
  • 履歴書は特に指定が無ければ手書きがオススメ
  • タイトルや項目名はゴシック、本文は游明朝などの明朝体が良い
 

基本的に誰かに提出する文書というのは、多種多様な様式を混ぜるべきではありません。書体やサイズが統一され、スッキリと見やすい方が読み手の負担にならないからです。

特に学生が提出するレポートや論文というのは、内容で勝負すべきもの。

読みやすく整理された様式であれば、文字の装飾は必要ありません。文章のみで相手に理解してもらえるよう、自分の文章力を鍛えておきたいですね。

また図やグラフを取り入れて書く場合、文章に複数のフォントを使用していると図やグラフと混ざって余計に散らかった印象になってしまいます。

レポートはせっかく頑張って用意した内容を、より深く理解してもらうための文章です。あなたの文章の内容が引き立つよう、書体は品良くまとめましょうね。

Sponsored Links


本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 貯蓄・就職



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

25歳の転職で『女性』が成功するのに必要な4つ

『この仕事、結婚しても続けられるかな?』 『その場合、産休後の復職は可能かな?』 …

一度辞めた会社に戻る方法‥「出戻り」は許されるの?

終身雇用や年功序列が、死語となってしまった現代、将来に不安を抱えているのは私も皆 …

コンビニバイト面接の服装を男女別に解説!採用される服装は?

これからコンビニでアルバイトをしようと考えている人の中には、アルバイトの応募が初 …

20代で転職3回目に挑戦するのは無謀?いや大丈夫!

“初めて就職した会社を短期間で辞める” ということは、実は珍しいこと …

20代の転職2回目!クリエイティブにキャリアを創る

転職を繰り返すことは、一般的にはマイナスと言われています。 20代で2回目の転職 …

職場のストレスが‥もう限界!と感じたときにやるべき5つ

一向に減らない「ブラック企業」。 「上司のパワハラで社員が自殺に追い込まれた」 …

夏のボーナス2017はいつ?公務員や会社員の平均は?

そろそろ夏のボーナスの話題が出てくる頃ですね。 支給される時期って、いつくらいか …

25歳の平均年収は?月収・手取りにすると.. 大卒や女性は?

近年、フリーターや派遣などの非正規としての働き方が増えていると言われ、20代の若 …

転職が決まらない20代の「よくある退職理由」と解決策3つ

仕事とは、生きる上で必要不可欠なものです。   それなのに不景気の昨今 …

【新入社員の挨拶】5.最低限のマナーとは?服装は大丈夫?

こんにちは! 前回まで最初の職務であり、重大事項でもある自己紹介について紹介させ …