生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

25歳の転職で『女性』が成功するのに必要な4つ

      2017/10/14



『この仕事、結婚しても続けられるかな?』
『その場合、産休後の復職は可能かな?』
 
女性の25歳は、仕事に慣れると同時に色々と葛藤もでてくる年齢ですよね!
 
できれば、託児付きの企業などに転職できれば言うことなしです。
 
ところが!
 
『結婚や出産の可能性がある年齢』
 
である25歳女性に対して、会社側(特に中小企業)は採用に消極的という実情があります。
 
25歳女性の転職の際の職探しや面接のポイントをまとめてみました。
 
 
筆者の身近な採用担当者の意見や本音も聞いてみましたので、是非参考にしてみてくださいね!
 

Sponsored Links

25歳の転職で『女性』が成功するのに必要な4つ

 \n

その1)25歳女性の転職で欠かせないものとは?

職探しとは言ってみれば、“恋人探し” のようなものではないかと思うのです。
 
お互いが必要とし、必要とされることで成り立つのです。
片方だけの思いでは相思相愛にはなれません。
 
25歳女性の転職に必要なものとは何でしょうか?
 
  • あなたは会社に何を求めているか?
    → 結婚出産を考えているなら、労働環境は重要です。
    実家の協力がある場合などは別ですが、
    残業の頻度休日の日数産休制度託児施設の有無などを確認する必要があります。
     
  • 自分が会社に提供できるものは?(会社があなたに何を求めているか?)
    → 就きたい仕事につくためのアピールポイントをしっかり準備することが大切です。
    資格や経験などの専門的能力だけではなく、人間性、やる気などもアピールになります。
     
    → 会社がどのような人材を欲しがっているのか?
    見当違いの会社に転職してしまうと、また転職を考える羽目になってしまいます。
 
 

その2)25歳なら『それまでの経験』を武器にする

高卒なら社会にでて7年、短大卒なら5年、大卒でも3年の社会経験を積んでいます。
 
採用担当者は 面接の際、職歴をみて、どのような仕事をし、どんな経験を積んでいるのかを聞いて来ることでしょう。
 
自分の経験をアピールできるようにしておきましょう。
自分のアピールポイントを書き出してみることをおすすめします。
 
『資格はあるけれど 経験はない 』よりは、資格の有無に関わらず
 
『実際に現場で働いた 経験あり 』の方が、転職には有利です。
 
『資格はあるけれど経験はない』
という場合は、資格そのものではなく、この仕事に就きたいという思いで、仕事をしながらこのように資格を取得した、という “やる気”をアピールすると好印象ですよ!
 
 
筆者の経験談
 
人材派遣会社に登録の際、基本的なパソコン操作、ワードとエクセルができるかどうかを聞かれました。
 
私は、『はるか20年前にパソコン教室の全10回コースで勉強しました。パソコンが随分新しくなっているので、今使えるかはわかりません』と正直に伝えると、それでも随分ホッとされました。
 
そのとき『 全くできない』というのは、もはや論外なのだという印象を受けました。ですから、事務職への転職を希望する場合は、基本的なワード、エクセルの操作はできるようにしておきましょう。
 
 

その3)転職先の面接官に必ず伝えるべきこと!

結論から言えば、ズバリ、
 
『結婚してからも仕事を続けたい』
 
という意思表示をしっかりすることです。
 
採用しても、仕事を覚えた頃に辞められてしまう、という会社側の不安をなくしましょう!
 
筆者の知人の採用担当者の裏話
 
Q. 採用する場合、25歳の未婚女性は、どう感じる?
A. 25歳女性は、会社として 避けたい人材だね
 
Q. それはなぜ?
A. 結婚、妊娠 出産があるから。
 
Q. えっ、ということは、この会社に入りたい、と思ったら、嘘でも
「結婚の予定はありません」という方が良いっていうこと?

A. そう。
 
……!(筆者絶句)
 
予想していたとはいえ、ここまではっきり言われるとは驚きでした…。
 
25歳女性といえば、結婚、出産の可能性があるので、一番避けたい年代であるのが実情としてあるようです。
 
なせなら、せっかく採用しても、仕事を覚えた頃に『寿退社!』
となったり、もっと大変なのは、
『子供が産まれるので、産休!』
となったりするからだそうです。
 
『産休が終われば復職するので、その間だけ人を補充しなければならないが、そんなに都合の良い人はなかなかいない、
大抵の場合は、産休の間の穴埋めを他の社員がしなければならず、これでは残った社員も大変。仮に産休をとり復職しても、2人目、3人目ともなるとさすがに言いづらいのか、結局退職する、ということになってしまう』
 
という事です。
(ちなみに、この筆者知人の会社では、復職してまもなく産休、を繰り返し3人出産した人もいるそうですが、それも本当に困ってしまったそうです)
 
『一番良いのは、産休制度や託児施設のあるような、サポートのしっかりした会社を探すこと!』
 
と言っていました。
 
 
このような本音は、どこの会社にも少なからずあるものだと思います。
 
このことから、面接のポイント1つ目は、結婚しても仕事を続けたい、という意思表示をすること、さらに出産後のサポートを受けられるような実家などがある場合は、その旨も伝えた方がプラスでしょう。
 
さて、面接のポイント2つ目は何でしょうか?
 
会社は、雰囲気良く、周囲に馴染める人材を求めています。
 
採用側の本音として、
『他の社員が一緒に働きたいと思う人材かどうか?』
というのは重要なことです。
 
人間関係のバランスを左右することがあるためです。
 
あまり過度に能力をアピールすることは、個性的という印象を与えてしまい、マイナスになることもあります。
 
会社のニーズをよく見極めましょう。
 
そうは言っても、会社のニーズは、なかなか求職者にはわかりません。
 
そんなときに大きな味方になってくれるのが、
転職エージェントです。
 
 

その4)転職エージェントを味方につける!

転職エージェントとは、企業とあなたの間に入り、交渉してくれる代理人のことです。
 
様々な転職サイトがありますが、エージェントとの相性は重要です。
 
転職を成功させている人の多くは、複数の転職サイトに登録していますよ!
 
企業から信頼されているエージェントは、採用の確率が高くなります。
 
また、履歴書の作成の仕方や面接のサポートなどを受けることができる場合などもありますので、複数の転職サイトに登録することをおすすめいたします。
 
 
転職エージェント活用の様々なメリット
 
  • 利用は無料である
    (エージェントは、企業からの成功報酬のため)
     
  • 会社のニーズを把握しており、マッチングがスムーズ
    (私たちには分かり得ない、内部の状況を把握しやすい)
     
  • スキルを活かした転職先を見つける能力がある
     
  • ハローワークや一般公募にはない非公開案件を持っている
 
Sponsored Links

25歳女性の転職成功例‥‥縁故、エージェント、一般、その他

転職成功率という点からいうと、縁故→エージェント利用 → 一般公募となります。
 
縁故
 
縁故採用はやはり強いです。
雇う側としても、縁故採用の人物に対する安心感があるのは事実ですし、雇われる側としても、ブラックな使われ方をされる心配も少なく、仕事を続けやすいでしょう。
自分のやりたい職種がなければ、身近に自営業をしている人がいないかを探してみるのも一つです。
 
エージェント利用
 
自分の今までの経験を活かせる職種に橋渡ししてくれます。
その反面、未経験の職種に就きたい、という人には不向きです。
 
一般公募
 
チラシなどで、頻繁に社員を募集している会社などは、人材が不足していて離職率も高い場合や、ブラック企業な場合もあるため、注意が必要です。
 
 

未経験の職種を希望している場合

経験のない職種の場合は、採用されにくい実情があります。
トライアル雇用制度を利用して、経験を手にいれてから、転職サイトなどに登録するのもおすすめです。
 
トライアル雇用制度とは何でしょう?
 
トライアル雇用とは、正社員への移行を前提として、原則3カ月間その企業で働いてみるという制度です。
 
社員になる前に、仕事内容や会社の内情がわかるので安心ですし、賃金も支払われます
 
トライアル雇用期間が終わった段階で両者の合意により、正社員として採用されます。約8割の人が正規雇用に移行しています。
 
ハローワークから応募します。書類選考はなく、面接からの選考なので、ハードルも低いのが嬉しいですね!
 
なんといっても、たとえ正社員にならなかった場合でも、経験を得ることができる、というのが最大の魅力ですよね!
 
 
女性の転職、注意しなければいけないポイント
 

 

まとめ

 
転職で25歳女性が成功するのに必要なこと4つ
 
 
  1. あなたが会社に求めるものがマッチしている。
    → 将来設計を見据えて転職先を選ぶ
     
  2. あなたが会社に提供できることが会社のニーズとマッチしている。
    → 採用したい!と思ってもらえるような努力とアピールをする!
     
  3. 転職エージェントの活用。
    → 転職活動を有利に!
     
  4. 結婚しても続けるという意思を伝える。
    → 採用してもすぐ辞めてしまう、と思われないようにする。
 
できれば採用を避けたいという企業側の本音に対して、こちらも必要な条件がある、というのが25歳女性の転職の現実です。
 
焦らず探す、という姿勢も必要かと思います。
 
良い転職が叶いますようにお祈りしています!

Sponsored Links


本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 貯蓄・就職



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【新入社員の挨拶】4.必見!自己紹介の内容と声の出し方

こんにちは! 前回は“簡潔にあなたの魅力を伝える自己紹介”と、言うことで ・あな …

人付き合いが苦手な人の仕事選び‥低ストレスの仕事5選

人付き合いが苦手、といっても、種類や程度に差がありますね。   &nb …

契約社員の面接時の服装!女性が職種別に注意すべきポイント

仕事の面接で一番悩むのが、服装ではないでしょうか?   正社員であれば …

28歳の平均年収は?男性女性の手取りはどのくらい?

28歳といえば、人生の大きな決断が多い年ですね。 結婚、出産、転職、出世、などな …

36歳の平均年収は?月収・貯蓄.. 結婚に必要な収入は?

少子高齢化と言われている今の時代、晩婚傾向にあると言えるでしょう。早くに結婚され …

20代の転職2回目!クリエイティブにキャリアを創る

転職を繰り返すことは、一般的にはマイナスと言われています。 20代で2回目の転職 …

産休・育休中で生活費が足りない時、みんなどうしてる?

待望の妊娠で赤ちゃんの誕生を待つことほど幸せなことはないでしょう。赤ちゃんの誕生 …

仕事に慣れるまでの期間が辛い‥新卒,転職者がすべき3つのこと

新しい職場というのは、慣れるまでの期間は、通常の何倍もエネルギーを使って疲れるも …

コンビニバイトを始めよう!あんな評判、こんな評判

これまで一日中ずーっと一緒だった子どもも今春幼稚園に入園し、 日中、私は「自由だ …

【新入社員の挨拶】3.必見!自己紹介の例文

前回までは、会社から求められている“笑顔と素直さ”を掘り下げてご紹介しました。 …