生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

30代後半の独身男性に共通する5つの特徴!休日や恋愛は?

      2017/03/21



最近、多いですよね~、
 
いつまでも結婚しない男」。
 
私の職場や地域を見ても、結婚経験者と未経験者が半々ぐらいじゃないかと。
 
 
まぁそういう筆者も、結婚したのは35歳でしたから、両親は口には出しませんでしたが、(早よ、嫁もらえよ……)と思ってたでしょうね。

しかし、一口に「結婚しない男」と言っても、ポジティブ思考の男性とネガティブ思考の男性とタイプ別に分かれます。

そしてそのタイプで、女性への接し方、休日の過ごし方、恋愛や結婚に対する姿勢、女性に何を求めるかに違いがあるようです。
 
今回の記事では、ポジティブな男性とネガティブな男性の特徴をご紹介致します。
 

30代後半の独身男性の共通する5つの特徴

 
 
独身貴族」という言葉がありますよね?
 
しかし、30代後半の独身男性が「貴族」なのか、そうでないかは、ルックスや収入面で左右されるようです。
 
 
貴族に属するタイプの男性は……。
 
 
  • イケメンで女性に不自由しない。
  • 会社勤めなら役職についていて、自由になるお金が多く、女性との付き合いで金銭的に困らない。
 
と言えます。
 
女性にモテないわけじゃないけど、結婚したら束縛や不自由が多いし、まだ恋愛を楽しみたい)とポジティブな考え方の男性です(この章では「30ポジ男」としてご紹介します)。
 
 
一方、貴族に属さないタイプの男性は……。
 

  • イケメンではなく、コンプレックスがある。
  • 収入面でも不安があり、自由になるお金も少ない。
 
と言えます。
オレでは、女性を満足させてあげられないんじゃないか)(女性とは永続きしないんじゃないか?)とネガティブな考え方の男性です(この章では、「30ネガ男」としてご紹介します)。

 
30代後半といえば、既に結婚して家族をもっている人が多いですが、独身男性は生活スタイル、女性に対する態度、結婚願望の有無、普段の趣味、女性に求める理想像はベールに包まれています。
 
私が妻と知り合ったのは32歳の時でした。
 
はっきり言って「30ネガ男」でした。
 
一方、私の友人にはイケメンなのに結婚しない男もいました。
 
この章では私や友人の実体験を通して、
30ポジ男」「30ネガ男」に共通する5つの特徴をご紹介します。
 
 

1)プライドが高い

 
 
女性に嫌われる男性にも色々なタイプがありますが、その中でも最も嫌われるのが「変にプライドの高い男性」です。
 
私の上司で変にプライドの高い男性がいました。
 
オレ自炊なんかやんないよ。そんな事やらずに、仕事に没頭してきたから今があるんだ。
 
これ、部下からは「総スカン」です。
 
妻帯者は皆さん、食費節約してますし、独身女性から見ても「結婚しても外食ばかりじゃない?あんな男じゃ、結婚したとしても長くはないわね。」と思われます。
 
 
あと「このネクタイ高かったんだよ、やっぱりファッションセンスは大事だからね。
 
これ、以外に女性が見てます。
 
高いもの買うわりには似合ってない「非常に残念な男性」とうつります。
 
なんでも見せびらかせる、例え結婚したとしても、浪費癖が治らない男性と思われます。
 
人に自分の話を聞いてもらいたいという気持ちは分かりますが、自己顕示欲」が強すぎると「ウザッ!と思われます。
 

あとたいして実力がないのにプライドだけは高い「シークレットブーツ男」も嫌がられますね。

実力がないから、プライドで上げ底して相手と対等に見てもらおうとする「悲しい男性」です。
 
知ったかぶり、自分の弱さを認めないタイプです。
 
女性から見て「可愛くない、母性本能をくすぐられない」男性です。
 
 
ここまで、プライドが高いと女性からはあまりいい印象は受けない話をしました。
 
次に、30代後半独身男性は、そもそも結婚したいと思っているのか?望みはあると思っているのかについてご紹介します。
 
 

2)結婚願望が少ない

 
 
私の友人に典型的な「30ポジ男」がいます。
 
本当のイケメンは、男が見ても惚れるんです。」というぐらいのイケメンです。
 
見かけだけではなく、特に人当たりが悪いわけではなく、ちゃんとした職業の奴です。
 
で、当然女性にはモテるんですが、結婚はしてません。
 
私なりにその「なぜ?」を考えてみました。
 
  • 女性が嫌いなわけではなく、「女好き」。
     
  • 実際モテるから、一人の女性に絞るのがかえってもったいない。
     
  • 人生は一度しかないから、遊べるまで遊びたい。
     
  • 両親の喧嘩が絶えず、
    結婚したら、オレもあんなになっちゃうのかなぁ」とトラウマのようになっている。
     
  • なので結婚なんか「人生の墓場だよ」と思っている。
 
という具合に女性に不自由してるわけではなく、結婚はやろうと思えばできるけど、まだまだ「遊びたい」、結婚したら「遊べない」と思っている。なので寂しくはないタイプですね。
 
一方、「30ネガ男」はずいぶん様子が違います。
 
  • イケメンでもなく、給料も安いから「どうせ、オレなんか……。」と半ば諦めている。
     
  • 仮に付き合ったとしても、結婚まで発展させられないと、先の事まで考えて恋愛にも消極的になる。
 
と言えます。
 
ここまで、「30ポジ男」と、「30ネガ男」の結婚願望についてご紹介しました。
 
結局は、女性との恋愛にポジティブな男性とそうでない男性では休日の過ごし方にもその考え方が影響しちゃうんですよね……。
 
次の章では、「(まだまだ女性と遊びたい)ポジティブ」男性と、「(どうせオレなんか)というネガティブ」男性の考え方が、休日をどのように過ごすかに影響するか、「30ポジ男」と、「30ネガ男」の趣味の傾向についてご紹介します。
 
 

3)休日は趣味に没頭する

 
 
趣味は、何をするにしてもお金がかかります。
 
しかし、「30ポジ男」と「30ネガ男」では、趣味が「陽と陰」に分かれ、女性と一緒に楽しみやすいかどうかの違いがあるようです。
 
「30ポジ男」は基本、アウトドア派。
 
ハーベキューや釣りなどのアウトドアの趣味をもっています。
 
いきなり、1対1ではなくても、まずはグループで楽しめる趣味をこよなく愛しています。
 
ただし、結婚すると、週末は家族の面倒見たりすることになり、自分の好きな事ができなくなるだろうから、結婚には消極的です。
 
いつまでも青春」といった感じです。
 
一方、
「30ネガ男」はどうも部屋にこもるか、「そらぁ、女とは出会えんわなぁ」という趣味です。
 
立呑屋、パチンコ、一人ゲーセンなど、いかにも女性とは出会わない趣味や出没スポットですよね。
 
やはり、ネガからの脱却はその辺りからになります。
 
ここまで、「30ポジ男」と「30ネガ男」の趣味についてご紹介しました。
 
次に「30ポジ男」と「30ネガ男」では恋愛相手にどんな理想を追い求めているのか、またはその理想すらもてないでいるのかについてお話しします。
 
 

4)恋愛相手に求める理想が高い

 
「30ポジ男」と「30ネガ男」では恋愛相手に求める理想像に違いがあります。
 
「30ポジ男」が恋愛相手に求める理想像
 
  • 「30ポジ男」は「結婚は自由を制限されるもの」と思っている。
    なので、数々の女性との恋愛を楽しめる今の生活に終止符をうってもいいと思える「この人なら結婚したい」と女性にはなかなか出会えない。
     
  • 「30ポジ男」は知り合った女性とは、きっかけはアウトドアでも、仲良くなると同棲や半同棲も経験してるものが多い。
    なので「主婦力」のある女性でないと「結婚してもいい」とは思えないし、だてに独身生活が長いわけではないので、ある程度家事全般はできてしまう。
     
    オレよりウマイ」人でないと……。と思っており、どうしても理想が高すぎて結婚には至らない。
     
「30ネガ男」が恋愛相手に求める理想像
 
  • 「30ネガ男」はそもそも、女性に声をかけることすら苦手。
     
  • 「30ネガ男」は基本「めんどくさがり屋」。
    「30ポジ男」のように、「新しくできたレストランがあるんだけど、食べ歩きが好きで舌の肥えた君にも満足してもらえると思う。一緒にどう?」とかいうのも、プライドが邪魔をして言えない。
     
  • 「30ネガ男」は変に結果を気にしすぎる。
    別に「付き合って下さい。」と交際を申し込んでいるわけでもないのに、ただ「ご飯一緒に行こうよ。」と軽い誘いでも「断られたらイヤだなぁ。」と考えてしまう。
 
などです。
 
「30ポジ男」は「女性遍歴」で女性を見る目ができちゃってるので、帰って泊まるそれが障害になります。
 
また、「30ネガ男」は「そんなに肩肘張らなくてても、普通に言えば?」ということでも、プライドが邪魔するのか、「断られたらイヤだなぁ」とか結果を気にしたりして、一歩が踏み出せないですね。
 
ここまで、「30ポジ男」と「30ネガ男」の恋愛相手に求める理想像についてご紹介しました。
 
で私が思うに結婚できるかどうかの決定的な要因は「自分を客観的に見る自覚症状」に左右されますね。
 
早ければ早いほど……。
 
次の章では、「30ポジ男」も「30ネガ男」もいかに自分自身を客観的に見ていないかについてお話しします。
 
 

5)自身を客観的に見ることができない

 
 
「30ポジ男」も「30ネガ男」も、そろそろそれなりの年齢なので、普段の生活や行動のあり方を、注意されたとしても親兄弟からぐらいで、他人から注意されるチャンスが減ってくる頃です。
 
また注意されたとしても「分かってるよ(うるせぇなぁ……)!
」注意されることに対して「素直さ、謙虚さ」がなくなってくる頃とも言えます。
 
「30ポジ男」も「30ネガ男」も結局は自分自身を客観的には見ておらず、自分と周りのギャップに気づかない、または問題を先送りしているんですよね。
 
「30ポジ男」と「30ネガ男」では違いがありますので、もう少し掘り下げてみます。
 
 
・「30ポジ男」は自分は精神的にも経済的にも大人の男性だと思っている。
 
しかし、既婚者特に、子供がいる人は、結婚するには夫婦だけでなく、両家の様々な課題をクリアし、また子供がいると何かとお金がかかるので、その事に悩み解決しなければなりません。
 
それに比べ「30ポジ男」の場合は「給料=小遣い」なんですよね。
 
高給取り=自立、結婚できる男性」とは、限らないことに気づいていないのです。
 
「30ネガ男」は自分は特に男前ではないが、オレより見た目は落ちるのに結婚してる奴がいる。
 
世の中の女性はもっとオレのこと振り向いてくれてもいいのにと思っている。
 
実際は、勿論イケメンの方がいいに越したことはないのですが、女性が重要視する見た目は、もっと違うところにあります。
 
女性が重要視する見た目とは……、
 
  • 無精髭をはやしている。
  • 服装のサイズがブカブカ。
  • 髪型がダサい
    (トップにボリュームをつければいいが、いわゆる七三分けなど)。
 
「イケメンでない」からといって、それ以外にやろうと思えばできるのに、やらないといけないと自覚症状がない。
 
要するに「清潔感」と「パッと見」です。
 
最後に今回の記事のまとめます。
 

まとめ

「30ポジ男」も「30ネガ男」も、まぁ、自由には違いありません。
 
お金も時間も、自分の好きなように使えますから。
 
 
「30ポジ男」ならまだ「付き合っている女性がいる」=「女性と幾度か喧嘩をしてきた」とも言えます。
 
女性は年齢を重ねるごとに、「口が達者」になっていきますから、自分と同年代の女性とは付き合うことはできても、結婚したら「尻に敷かれる」と考えてしまい、「若くて、おとなしくて、何でもオレの思い通りにさせてくれて、家事もちゃんと出来て」と高い理想を抱いてしまいます。
 
しかし、
「30ネガ男」は「付き合っている女性がいない」=「喧嘩できる相手がいない」とも言えます。
 
とにかくイケメンでなくても、給料が安くてもいいから、オレを受け入れてくれる心の優しく、オレより給料のが高い女性がいい」と高望みし過ぎます。
 
そんな理想像は「夢物語」です。
 
「完璧な人間」などいません。
 
互いに足りない部分を補い合ってこそ、いい関係が築けます。
 
 
最後に今回の記事のまとめを書きます。
 
30ポジ男の特徴
 
  • イケメンで女性には不自由しない。
     
  • また、役職者なら女性と付き合うお金に不自由しない。
     
  • モテてはいるが、「結婚は人生の墓場」と思っているので、もっと人生を楽しみたい。
     
  • 趣味は基本、「アウトドア」。グループ交際から、1対1の関係に発展することもあるが、結婚したら家族サービスのため、自分の好きなことが出来なくなると思っている。
     
  • 今の自由を失ってでも結婚したい女性とはなかなか巡り会えないでいる。
     
  • 理想が高すぎる。
     
  • 「高給取り=自立、結婚できる男性」と勘違いする。
 
30ネガ男の特徴
 
  • イケメンでないことにコンプレックスをもっている。
     
  • 収入が少ないので、女性は見向きもしてくれないだろうし、仮に付き合っても永続きしないと諦めている。
     
  • 休日の趣味は、立呑屋やパチンコなど女性との出会いがなさそうなものばかり。
     
  • プライドが高すぎて、女性に気を使ってまで、女性をデートに誘うのはめんどくさい。
     
  • イケメンでないから、女性には縁がないと思い込んでいるが、女性は「清潔感」「パッと見」を重要視している。
 
今回の記事を見たあなたが、「意識改革」を自覚することによって結婚への手助けになることを祈りします。

Sponsored Links

本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 恋愛・子育て



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

40代独身男性の恋愛観‥彼らに共通する5つの特徴とは?

結婚し家庭に入っている筆者ですが、年に数回、独身の友人と飲みに行く機会があります …

【女性の厄年出産】これで安心!厄払い厄除けになる贈り物

女性の厄年は19歳・33歳・37歳です。 前厄・本厄・後厄合わせると30代で6年 …

距離を置くと言われた彼氏に会いたい‥このまま待つべき?

「しばらく会わずに距離をおこう‥」 大好きな彼氏から突然の一時的な別れを告げる言 …

結婚式の費用が足りない!貯金なしで払えないときは?

『神様の前で2人で結婚の誓いをする』 という儀式、それが結婚式です。 &nbsp …

【女性の厄年の過ごし方】妊娠は?出産して厄落としって?

昔より伝えられる厄年は、あまり良くないイメージがありますね。 女性の厄年は33歳 …

B型男性の恋愛にせまる!本命へのアプローチの仕方

血液型占いって信じますか? いつの時代も人気が高い血液型占い。特に、恋愛において …

【指輪の位置】右左はどっち?小指,中指,人差し指の意味

アクセサリーとして、何気なく身に着けている指輪。 この指輪をはめる場所によって、 …

no image
大嫌いと言われた‥「嫌い」を言う人の心理とは?

「大嫌い!」 こんなことを言われちゃうと、誰だって落ち込んじゃいます(泣) どう …

カップル向け!お花見デートのお弁当!中身だけじゃダメ!

今週末は、彼と一緒のお花見デート! なんて、あなた! 手作りお弁当を作って「出来 …

彼氏ができないのが悩み‥そんな女性の「10の共通点」

彼氏がほしいーっ!!o(>_<)o だって…周りの友達は次々に彼氏が …