生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

近所の子供がうるさい!注意や相談できないときの対処法5つ

      2017/10/14



一生に一度の大きな買い物といえば、「マイホーム」ですよね。
 
今回の主人公はとある38歳主婦。
 
家のポストに入っていた、「閑静な住宅街に、夢のマイホーム!」のチラシが目に留まり、夫に相談。
 

「ねぇ、毎月家賃払ってるけど、今なら金利安いし、家賃と月の負担同じなら、家買えるんじゃない?」
 
「今のアパートも古いし、いっそのことオレたちの城を買うかぁ…」。
 
頭金を工面し、やっと「閑静な住宅街」に念願のマイホームを購入。
 
 
 
しかし、閑静なはずだったが、
 
そこは子供たちが所かまわず騒ぎまくり、夜中は赤ん坊が泣き叫ぶ「修羅場」だった…。
 
  • 1日、2日は我慢できるけど、こうも続くと我慢の限界。
     
  • できることなら、家ごと引っ越したいけど、そうはいかない。
     
  • どうやって注意すればいいのか?一体、誰に相談すればいいのか?
     
  • 度を越した子供たちの叫び声や泣き声にもう「ノイローゼ」になりそう。
 
今回の記事では、私がしてきた子育てと町内会班長の経験を通して、「近所の子供がうるさい‥」と悩まれているあなたの問題を解決する方法を「5つ」ご紹介します。
 
Sponsored Links

目次

警察に相談 →近所の道路や駐車場で遊ぶ子供がうるさいとき

 
私が子供の頃はそこらじゅうに空き地がありました。
 
なので、遊ぶ場所に困りませんでした。
 
また、ご近所づきあいもあって、親が注意しなくても、ご近所の方が注意してくれる時代でした。
 
でも今は、子供たちは道路だろうと、駐車場だろうと所かまわず遊びます。
 
親も共働きで、帰りが遅い、近所づきあいもないとなると「無法地帯」になりますよね?
 
ましてや、今回の主婦のように、引っ越してきたばかりなら、相談する相手も少ないでしょう。
 
うるさい!あっち行ってよ!」と思っても言えず、どんどんストレスが溜まっていきますよね。
 
 
では、どうすればいいのか?
 
この章では、5つの対処法のうち、まず「警察に相談する方法」を箇条書きでご説明します。
 
 

1.警察への通報は、110番でもOK! ただし、5W1Hの原則で相談する。

昔なら「民事不介入」ということで。些細なことは警察もまともには取り合ってくれませんでした。
 
しかし、一時社会問題になった、相談を受けたにも関わらず放置した結果、大きな事案に発展することがあとを絶たなかったため、最近では「これ、110番でもいいのかなぁ?ということでも、警察は臨場してくれます。
 
ただし、通報は5W1Hの原則で行う方がいいですね。
 
「Who誰が、Whereどこで、Whenいつ、What何を、Whyなぜ、Howどのように」の頭文字をとって5W1Hと呼びます。
 
しかし実際は「Whyなぜ」は不要です。「なぜ」は警察官が調べるからです。
 
 
あと「巧遅より拙速」です。
 
うまい文章や言葉で話そうとして、通報が遅れるよりも、下手でもいいから、足らないものがあっても早く通報するといいと言う意味です。
 
 

2.今まさに、道路や駐車場で子供たちが遊んでうるさくしてる場合。

よくいますよね?駐車場をサッカー場やスケボーの練習場にしている子供たち。
 
私の近所でも、スケボーしてうるさくしている子供(といっても中学生ぐらい)が数人で騒いでいたのですが、私一人で対処するのは危険なので、次のように警察に通報しました。
 
  1. Who 名前は分からなかったので、服装を伝えました。
     
  2. Where 駐車場
     
  3. When 「今です!」
     
  4. How 数人がたむろしてうるさい!
     
  5. What スケボーをしている。
 
次に、今まさにやってはいないが、普段からうるさいことを悩んでいて、通報する場合について説明します。
 
 

3.今まさにやってはいないが、日常的にうるさいケース

あなたの名前は「言わなくてOK!です。
 
この場合は緊急性がないので、最寄りの交番でいいですね。
 
勿論110番でも大丈夫ですが、警察の通信指令の方から、最寄りの交番または警察署を教えてくれます。
 
時間帯、子供の特徴、何をしてうるさいのか、などを伝え、またパトロール強化してほしいとも伝えましょう。
 
警察の対応は基本的には、注意して解散させるぐらいです。
 
ただし、警察は当事者(通報者、通報の対象になった者)の情報や状況を細かく聞こうとはします。
 
しかし、通報する際に逆恨みなどのトラブルは避けたいと言えば、あなたの名前は教えなくていいし、臨場もしなくていいです。
 
警察は子供たちの住所、名前、学校名、年齢、生年月日、親の名前、場合によっては両親の職業まで聞き出そうとします。
 
勿論全てを答える義務はありませんが、必要であれば、聞き出した情報を基に、関係者にコンタクトをとることがあります。
 
 
ここまで、警察にどう通報すればよいかについてご紹介しました。
 
しかし、警察は所轄という大きな枠ですので、多くの事件・事案を抱えています。
 
放置はしませんが、通報の度に対応してくれる程度なので、警察に言われたぐらいでは、気にも留めない親もいます。
 
なので、次に頼るのが、町内会、自治会という地域限定の組織になります。
 
いくら、昔に比べてご近所つきあいが希薄になったとはいえ、「地元の有志」にお願いすることにより、当事者の親も「近所の目、ウワサ」を気にすることになります。
 
次に、その町内会、自治会に相談する方法をご紹介します。
 

町内会/自治会に相談 →近所の子が走り回るのがうるさいし危ないとき

 
駐車場や道路で遊ぶ子供を見ると、自分自身もうるさいと感じるだけでなく、子供自身も危ないし、なんとかならないかなかぁと思っちゃいますよね?
 
(でも、注意はしたいんだけど、ご近所づきあいもあるから直接は言いにくいし…。)
 
そんな時は、町内会や自治会に相談する方法もありますので、その方法・手順をご紹介します。
 
 

1.町内会・自治会に相談する。

よく町内で、「〇〇町 町会長」「〇〇町 第一斑班長」のプレートを見かけますよね?
 
でも引っ越してきたばかりで、
 
いきなり町会長や班長に、相談しても大丈夫なんだろうか?)と頭をよぎると思います。
 
そんな時は、次のような選択肢があります。
 
  • ご近所で相談できる相手がいるなら、事前に相談し、できれば一緒に行っていただく。
     
  • いなければ、例えば朝早く起きて、毎日清掃している方に相談してみる。
 
「おはようございます、最近引っ越してきた〇〇です。最近、夕方になると子供が駐車場や道路で遊んでいて、うるさいし危ないなぁと思ってるんですけど…。)」
 
そうすると、「私も、同じよ。危なくてヒヤヒヤしてるのよ。」
 
と返答があるかもしれません。
 
私も以前住んでいた時は、子供たちがあちこちでサッカーをしており、誰に言えばいいのか分からず、朝清掃してる方に相談したことがあります。
 
清掃している方は、比較的年配でいわゆる「地(じ)の人」なので、地域で古くから住む人とのネットワークがあります。
 
「もしよかったら、今度班長のところに連れて行ってあげますよ。」と声をかけてくれると思います。
 
実はこの「清掃」が地域とかかわる第一歩と考えてください。
 
 
私自身も引越してから数年後に、班長をするようになり、逆に相談を受けることもありました。
 
町内会は「連絡網」というのがあるので、班長から町会長への報告もしますので、気軽に相談してみるといいですね。
 
また、いきなり町会長には相談しない方がいいですね。
 
というのは、班長を飛び越して、いきなり町会長に相談してしまうと、町会長から班長に「〇〇さん、こんなこと言ってきたけど、聞いてる?」となった時に、「知らない」では、班長の立場というものがあるので、まずは班長に相談しましょう。
 
とかく引っ越してきたばかりの者は、特に地の人たちからは「なめて」みられますから、地域の有力者から「トップダウン方式」で話しをもっていってもらう方がベストですね。
 
まずは、町会長や班長に状況を説明し、どこの子供か特定してもらいます。
 
「あ~、あそこの子供の父親なら良く知ってるから、今度ワシからさらっと言っとくわぁ。」となることもあります。
 
勿論、一個人を名指しするよりも地域全体の問題として捉える必要があるので、次は回覧板の作成にかかります。
 

2.回覧板を回してもらう。

町会長から要請を受けて、文章を作成するのは班長の仕事。
 
できあがったら、町会長に見てもらい、OKが出たら他の班長にもコピーして渡します。
 
勿論名指しはしませんが、場所、時間、何歳ぐらいか、何をしてどう迷惑かけているかを書きます。
 
 
「最近、〇〇駐車場にて〇時頃、小学生の男児数名が頻繁にスケボーするなどして騒ぎ、近隣住民の方から苦情が出ております。
 
大変危険でもありますので、心あたりのある方はおやめいただきますようお願いいたします。また見かけられた方は、子供たちに注意していただきますようお願いいたします。」
 
のような文言で回覧板で告知します。
 
 
これで、名指しこそしませんが、思い当たる人は近所の目もありますので、抑止できる可能性はあります。
 
しかし、回覧板では「見ていない」「聞いていない」などとスルーする人もいるので、さらに駐車場で遊ぶことを禁止してもらえるように措置も依頼します。
 
 

3.張り紙などによる、注意書きもしてもらう。

駐車場や道路への進入を物理的に防ぐことは難しいですが、町会長の名前で「駐車場での一切の遊びは禁止する」旨の張り紙をしてもらい、町会全体の意思を伝える形で禁止の方向へもっていくことが可能です。
 
 
ただし、これらの手順を踏んだとしてもスルーされることもありますので、次のステップとして自宅から学校までのルートや家庭状況などを把握している学校に相談する方法がありますので、ご紹介します。
 
Sponsored Links

学校に相談 →家の周囲が近所の子供の溜まり場になっていてうるさいとき

 
駐車場や道路でいつも子供がたむろしているなら、学校に相談するのも有効な方法です。
 
次のようなステップで話しを進めるといいですね。
 
 

1.騒いでいる子供にさりげなく、名前を聞く。

「何年生?どこの学校?名前なんていうの?」の3つの質問で相手のことを聞き出します。
 
 

2.学校に相談し、先生に対応願う。

まずは、事前に電話で子供から聞きだした情報と要件を伝えます。
 
「最近、うちの近所の駐車場でそちらの子供がたむろして困るんですけど…。」
 
 
そうすると、学校側から「では、今度駐車場まで確認に行きます。」と言われるか、「電話ではアレなんで、今度学校に来てお話し聞かせてもらえませんか?」と言われる場合もあります。
 
その際は、平日なら夕方6時以降か、土曜日ならお昼過ぎを指定されることが多いですね。
 
 
いずれにしても、学校は苦情を聞いた以上は対応はしてくれます。
 
対応せずに放置すると、あとあと問題になることが分かっているからです。
 
 
私も子供も学校に送りだした後、近所をよく歩くのですが、自転車に乗った学校の先生が昼間学校周辺を巡回しているのを見かけます(首から名札をぶらさげているからすぐに分かります)。
 
これ実は校長や教頭の役目なんですね(担任は授業中なので…)。
 
もし見かけたら、現場まで連れていくと話が早いですよ。
 
苦情を聞いたら、学校は次のステップで対応を取ります。
 
 

3.たむろしている子供が同じクラスならホームルームで話し、親にも話す。

同じクラスどうしなら、授業のあとのホームルームで担任から、クラスのみんなに話してもらい、親にも話します。
 
 

4.学年やクラスが違うなら、全校集会で話し、親にも話す。

学校全体の問題と捉えられますから、全校集会で全生徒に対し、校長から話します。
 
 

5.学校からPTAに広報してもらうよう働きかける。

学校から毎月配られるプリント以外に、PTA会長の名前で注意を呼びかけるプリントを作成してもらい全家庭に配布する対策もとってもらえます。
 
 
以上、学校にどのように相談すればよいかについてご紹介しました。
 
しかし、駐車場や道路はオープンスペースですが、アパートやマンションは学校の先生でも許可なしでは入れません。
 
では、どうすればいいか次の章でご紹介します。
 

管理人に通報 →近所の子供がアパートやマンションの一定の場所で騒いでうるさいとき

 
アパートやマンションのオーナーには「施設管理権」というのがあります。
 
建物を維持・管理するのに当然のように有する権利のことで、その権利に抵触するような行為を止めさせる権利を持ちます。
 
まず、管理人とコンタクトを取る方法をご説明します。
 
  • 管理人が常駐(直接話して、管理会社に連絡してもらいます)。
     
  • 管理人が常駐していない(大抵はゴミ集積場やポストの付近に、管理会社の連絡先が掲載されています)
     
  • 清掃している人を見かけたら連絡先を聞く(管理会社から業務委託されてる人です。管理会社のr連絡先を教えてもらいます)。
 
自分で当事者の親に注意してもスルーされるか、中には「証拠でもあるの?」とシラを切る親もいますから、コンタクトをとったら管理会社に次のような対策をとるように要望します。
 
  • 駐車場でのボール投げ禁止」などの立て看板を設置してもらう。
     
  • 騒いでいる子供を見かけたら、よその子でもお互いに注意しあいましょう」と張り紙をしてもらう。
 
私も近くの駐車場でボール投げしている子供がいて、それがマンションから出てくるのを確認したので、管理会社に電話に連絡したところ張り紙してもらい、やはりボール投げは減りました。
 
張り紙があると、いざ注意しようとした時に「ここに書いてあるでしょ!」と注意しやすいんです。
 
 
しかし、いくら要請してもすぐに対応してもらえるわけではないので、自分なりの、できる範囲の対策をとることが有効です。
 
次の章では、具体的な方法をご紹介します。
 

自分で対処 →自分でできる近所のうるさい子供対策

 
ここまでの章でご紹介した方法は地域や学校への「相談」「要請」でした。
 
しかし、スルーされたら効果なしです。
 
なので、実力行使しかありませんので、次のような対策をとります。
 
 

1.車にボールをぶつけられたら写真を撮る。

写真の撮り方にはコツがあります。
 
  • できれば、ぶつけられる前の写真を撮る(ぶつけられる前後の比較のため)。
     
  • 当てられた箇所のドアップ写真(何がぶつけられたか特定するため)。
     
  • 車全体が写り、ぶつけられた箇所の含まれている写真。
     
  • その車が駐車場のどのあたりにあったかの写真。
     
  • ボールの写真。
 
また騒いでいる子供がおれば、スマホでいいので動画に残します。
 
そして、証拠を集めたら次のステップで話しを進めます。
 
 

2.証拠のデータを、町内会→学校→警察の順で報告する。

 
  • まず、町内会へ報告する。
    「写真を撮ったので、親が対策取らなければ、警察へ行きます」と伝えることを要請する。
    この段階で当事者の親が対策をとれば、終わりにします。
     
  • 学校へ報告する。
    町内会へ報告しても埒があかないなら、学校へ報告します。
    町内会の時と同様、警察へ行くことも辞さない旨を伝えます。
     
  • 警察へ報告する。
    最終手段です。
    警察に被害を訴え、制服を着た警察官が当事者の家に行くことになります。
 
また、当事者が辞めても新たなグループが現れるかもしれませんので、自宅でできる対策も併せてご紹介します。
 
 

3.我が家でできる「防音対策」

 
  • 玄関ドアに「すきまシールテープ」を貼る。
    我が家でも愛用しています。
    ドアの外からの音に対してだけでなく、閉めた時のあの、「バタン!」音も小さくできます。
     
  • 二重サッシ
    これは「最高の防音対策」です。
    結露防止、侵入防止にも効果があります。
     
  • 防音マット
    ラバー製だと、部屋の中のスピーカーの音にも効果があります。
     
  • 子供が騒ぎそうな時間帯は極力出かける。
    平日なら、朝7時から8時過ぎ、夕方は4時から6時ぐらいがピークですね。
    買い物するなりして、出かけてみるのもありですよ!
 
子供の声がうるさいと苦情があっても受け付けない条例を制定
 

 
最後に今回の記事のおさらいをしますね。
 

まとめ

 
最後に、おさらいをします。
 
  • 警察への通報は5W1H、巧遅より拙速の原則で通報する。
     
  • 日常的に騒いでいるなら、警察にパトロール強化を依頼する。
     
  • 町内会では、できれば町内の人と一緒に班長のところへ相談する。
     
  • 町内会には回覧板、張り紙、立て看板などの対策をとってもらう。
     
  • 子供がたむろしていたら、学年、氏名、学校名を聞いておく。
     
  • 学年、氏名、学校名を聞いたら、学校に報告し、ホームルーム、全校集会、PTAにて注意喚起してもらう。
     
  • アパートやマンションで騒いでいたら、管理人もしくは管理会社にコンタクトをとり、対策を要請する。
     
  • 車をぶつけられたら、車のキズ、車全体、車の周辺などの写真を撮影しておく。
     
  • 騒いでいる真っ最中なら動画をとると証拠になる。
     
  • 集めた証拠は町内会、学校、警察に報告する。
     
  • 玄関にすきまシールテープ、二重サッシ、防音マット、騒ぐと思われる時間は外出する。
 
私の家の近くが救急外来の病院でした。
 
夜中だろうが、なんだろうがサイレン鳴らして出入りします。
 
しかし、引っ越しする前からそこに病院があるのは承知しており、そういうこともあるのは分かってました。
 
世の中は誰かに多少なりとも迷惑をかけ、頼り、頼られないと生きていけません。
 
そういうことに「寛大」な気持ちをもつことが大事です。
 
この記事を参考にしていただき、静かな日々を過ごせるように対策をとってください。

Sponsored Links


本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 恋愛・子育て



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カップル向け!お花見デートのお弁当!中身だけじゃダメ!

今週末は、彼と一緒のお花見デート! なんて、あなた! 手作りお弁当を作って「出来 …

大嫌いと言われた‥「嫌い」を言う人の心理とは?

「大嫌い!」 こんなことを言われちゃうと、誰だって落ち込んじゃいます(泣) どう …

こどもの日 菖蒲湯の由来!子供が菖蒲湯に入ると良い理由

私の近所の和菓子屋さんでは、柏餅やちまきを購入すると「菖蒲」が数本頂けます。 子 …

ホワイトデーにお返しなしって脈なし?男性の本音とは?

バレンタインデーにチョコレートを贈った人は、職場や学校で渡した義理チョコでも、ホ …

ホワイトデーのメッセージ!メール例文まとめ

ホワイトデーのお返しは決まりましたか? お返しの品を渡しながら、直接相手に、 感 …

【女性の厄年の過ごし方】妊娠は?出産して厄落としって?

昔より伝えられる厄年は、あまり良くないイメージがありますね。 女性の厄年は33歳 …

ホワイトデー会社のお返し相場・渡し方は?職場女性の本音

バレンタインデーに職場でチョコレートをもらった男性社員のみなさん、 ホワイトデー …

卒園式コサージュの正しい色は?服装で失敗しないつけ方

寒い冬も終わり、春の温かい季節が近づくと いよいよ卒園式のシーズン到来ですが、 …

彼女の誕生日プレゼント!女の子が喜ぶものを徹底分析!

彼女への誕生日プレゼント。 なかなか難しいですよね。 彼女に何がほしいか聞いてし …

50歳「独身男性」の恋愛傾向と共通点‥なぜ結婚できないの?

子供を産む女性と比べて、独身男性は恋愛や結婚について話題に上がることが少ないと思 …