生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

厄払いの方法とは?自分で出来る厄年のお払いを4つ

      2017/05/01



最近、あまりついてない。
対人関係やけがなどのトラブルが続く。
ふと気づくと厄年だった。

だけど、神社や仏閣など、どこに行っていいかわからない。
もしくは、
厄払いをどうしても神社やお寺などで
やりたくない
という人はおられると思います。

そんな方へ、
自分でできる厄払い、調べてみました。

Sponsored Links

厄年の過ごし方、これだけは気をつけて!

厄年は、人生の大切な節目に来ている年といわれています。

数え年で
男性:25才、42才、61才です。
女性:19才、33才、37才
前後で3年は厄年で前厄、本厄、後厄になります。

男性は42才で、仕事などでも働き盛りとなり、
責任が重くなる年齢になります。

厄=役ともいわれます。

大切な役回りの年なのでしょう。
ストレスや過労などがかかりやすい年齢なので
病気やトラブルが起きやすくなるのでしょう。

女性は33才が大厄といわれています。
男性と同じく多忙になってくる年齢になり、過労になりやすく、
身体的、精神的な病気や思わぬけがなどが起きやすくなります。

厄年をうまく乗り切るためには、
厄年の過ごし方が大切になってきます。

次にあげることに、気を配り生活することが大切です。

新規事業は控える
引越しや移転も控える
♦心を下げてお陰様という気持ちを忘れないで過ごす
精神性を高めるよう努力する

お守りは、なるべく高いところへ

1def492df7db4e186722d3a5aef2ccd0_s【出典:http://www.photo-ac.com/】

「お守り」は、「守り札」と呼ばれるものです。

よいことがあるように、
あるいは悪いことが起きないように
厄除けと魔除けの意味をこめて持つものになります。

お守りは身につけて持ち歩くことです。
神様のご利益を授かるため、
カバンや財布などに入れて
常に身につけるようにすること。

家で保管する場合もタンスなどにしまわず、
目に付く場所へ出してなるべく高いところへ置くのがいいです。
Sponsored Links

今日からはじめる4つの厄払い!

先程も少しふれましたが、厄年をうまく乗り切るためには、

日頃からたまってくる垢や穢れを落とし
お陰様という気持ちを大切に過ごすことです。

次のことは普段の生活で意識して行いましょう。

●外から帰ったら手や顔を洗う
●ごみはためない、掃除は常に行う、
古い服や物はなるべく捨てる
●塩をひとつまみ入れたお風呂に入って
身を清める
●生かされていることに感謝して、
ご先祖様の墓参りをしましょう。

 【出典:http://www.pakutaso.com/】

厄年って「役年」だった!

厄年=役年ともいれており、
大事な節目の「役まわりの年」ともいわれております。

厄年は、人生の転換期でもあります。

昔、この年回りの男性は、
潔斎をして神事・神祭りの「役」を担当したのです。

つまり「役回りの年」に由来するのです。
「役員の年」で「役年」ですね。

神事の役は、責任のある重いものです。
そのため、精神的にも肉体的にも負担がかかりやすい年といわれたのですね。

厄年の時に身につけた福は払い落しても落ちず。
ということわざもあるそうです。

役回りの年は大変なことも多いけど、
苦労したことが身に付くということですね。

この時期は過労やストレスに注意をして
心を落ち着けて暮らしていきましょう。

さあ、いかがでしたか!
厄は迷信だ!といわれることが多い昨今ですが、
厄=穢れなので、普段から垢を取り除き、
気持ちよく生活していくことが大切なのかとおもいます。

どうぞ、参考にされて、厄年をうまく乗り切ってくださいね。

ライター:結咲(ゆいさき)

Sponsored Links

本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 季節イベント



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大阪城の梅林公園 2017の開花状況は?満開はいつ?

西日本で随一とも言われている「大阪城公園の梅林」 大阪城梅林公園は大阪万博の2年 …

おせちの意味 ~ごぼう、くわい、人参、豆腐まで~ 与の重、五の重編

前回の記事では、三の重についてお話しました。今回が最終話。 まず、四番目のお重が …

おせちの意味 ~ハム、ローストビーフまで~ 二の重、三の重編

ここからは、重箱ごとのおせち具材の種類や意味、詰め方 など、 実際に役立つお話を …

おせちの意味 ~詰め方、中身の種類、由来~ 一の重編

日本の伝統的なお正月料理といえば、   やはりおせち料理ですね。   最近では、 …

東京のどんど焼き事情、どの神社ならOK?

どんど焼きは、ご存じですか? 古来より日本では、年のはじめをよろこばしく思い、 …

【鏡餅の意味、由来】飾り方、飾る場所は?いつまで飾る?

目次1 鏡餅ってなんでしょう?2 鏡餅を飾る場所はどこ?3 鏡餅の飾り方にはどん …

厄払いと厄除け 神社とお寺の違いとは?

今年、厄年にあたり、厄払いに行きたいが、さて、お寺か神社かどちらにすればよいのか …

厄払いの時期・服装・金額は?神社によって料金は違う?

厄年は、人生の節目ともいわれる大切な年ですね。 厄年を迎え、厄払いに行きたい方や …

エイプリルフールの由来!イギリス発の午前中ルールとは?

4月1日は、年に一度の嘘をついてもいい日、エイプリルフール。 その由来は、ヨーロ …

どんど焼きはいつから?燃やすもの、燃やしていいものは?

どんど焼きは、ご存じですか? お正月の松飾りやしめ縄などを集めて燃やし、真っ赤な …