生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

卒園式コサージュの正しい色は?服装で失敗しないつけ方

      2019/02/10



寒い冬も終わり、春の温かい季節が近づくと
いよいよ卒園式のシーズン到来ですが、
ここでママさんたちを悩ませるのが、
卒園式に出席するときの服装の準備ですね。

礼服にしようかな?
それとも無難にスーツにしようかな?

ハデすぎても変に目立っちゃうし、
とは言っても、あまり地味すぎても・・・
ママ友はどんな服装で出席するのかも
気になるし・・・

そんな時、
ワンポイント付けるだけで、
服装をパッと華やかにしてくれるアクセサリー
それが、「コサージュ」です。

【出典:http://www.ac-illust.com/】

その「コサージュ」ですが、

季節に合った正しいの色があるようで、
色を上手に選ぶと、服装の着こなしをスッキリ見せる効果もあるようですよ^^

また、ちょっとつけ方を工夫するだけで、
卒園式の出席用に用意した服装を、
さらに華やかに見せるコツがあるそうです。

【出典:http://www.ac-illust.com/】

そんなとっても便利なアクセサリーの「コサージュ」ですが、
卒園式用に用意した服装を、
簡単キレイに、しかもカッコよく見せるための上手な選び方や、
「せっかくつけたけど失敗だったかな・・・」
なんてことにならないための
オススメ情報などを、
これからご紹介していきます。

スポンサーリンク

コサージュは、季節に合わせて正しい色を選びましょう!

「コサージュ」って種類も豊富で、
色や形もいろいろありますが、
「コサージュ」季節にあった色って
どんな色だと思いますか?

卒園式のシーズンって、
3月下旬くらいから4月の上旬くらいの春の季節ですよね。
では、この春の季節に合った
コサージュの色は?

卒園式に出席する際の服装も関係するようですが、
季節が春であれば、春らしい色合いの、
ベージュサーモンピンクオフホワイト等が人気のようです。

【出典:http://www.photo-ac.com/】

卒園式は厳粛な式典でもありますが、
一方で、子供たちの門出を祝う、
めでたい式でもあります。

濃い赤や紫系等、
あまりハデな色合いはちょっと避けた方が良いかもしれませんが、
春先の温かい季節に合わせて、
優しい色合いのピンクベージュなどが定番のようです。

コサージュとスーツにあわせて選びましょう!

卒園式に用意した服装を、
ワンポイントで彩ってくれるとっても便利な
「コサージュ」ですが、
用意した服装と上手く合わせるには・・・。

では、卒園式に用意した服装と、
コサージュを上手くコラボさせるちょっとしたコツについて、
これからお伝えしていきます。

ひと口に「コサージュ」と言っても、
色や形など、デザインはかなりの数になります。

お花の形をしたコサージュが
最もポピュラーなようですが、
お花の形だけでなく、
リボンタイプや、ビーズタイプも数多くあるようです。

【出典:http://pixabay.com/】

まず、用意した服装との色合いを考えてみましょう。

ベージュ系であれば、
少し濃いめの色でも、薄めのピンクなどでも
違和感なくマッチすると思います。

ネイビーブラック等の、
ダーク系のスーツなどに合わせる場合だと、
薄い色をチョイスすると、スーツの濃い色に負けてしまって、
コサージュがアクセントになりません。

ダーク系のスーツなどに合わせるのなら、
ホワイト系コサージュを選んでみると、
色合いのギャップがあって、
アクセントになると思います。

また、服装に合わせた形の選び方ですが、
スーツをチョイスした場合、
スーツの形に合わせて、コサージュを選ぶとグッドです!

かわいい系のスーツをチョイスしたなら、
あまりハデハデにならないよう、
ちょっとしたアクセントになるくらいの、
小さめ華やかな形のコサージュが上手くフイットするようです。

【出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/brilliance-1/i/331z/m_1.jpg】

カッチリ系シンプルなスーツをチョイスした場合は、
コサージュも一緒にシンプルにすると、
地味目にまとまりすぎてしまうので、
ちょっとハデ目に、
濃いピンクホワイト系コサージュをチョイスすると、
上手くまとまるようです。

ワンポイントで、
服装のイメージをガラッと変えることのできる「コサージュ」です。

上手くコラボさせて、
卒園式でオシャレを楽しんではいかがでしょうか。
スポンサーリンク

コサージュは正しい位置につけましょう!

意外や意外、
知らない人が多いのが、
「コサージュ」の正しいつけ方です。

右につける?
それとも左?
付ける高さはどれくらいがカッコよく見えるの?

右か左か?ですが、
正解は特になくて、
どっちに付けても正解だそうですが、
最もポピュラーなのは、「左」だそうです。

【出典:http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/sho_images/1450_03401ex.jpg】

これは、人の視線と関係しているそうで、
視線は右に向けられやすいので、
「左側」に付けると視線を集めやすいからだそうです。

高さについては、
胸のちょっと上、「鎖骨付近」に付けると、
目線が集まりやすい位置になって、
オシャレ度もアップするようです!

用意した服装が
スーツジャケットタイプなら、
襟があれば、「襟の部分」
襟が無いタイプであれば、
鎖骨付近につけると
スッキリとまとまるようです。

付ける場所には正解が無いと言われている「コサージュ」ですが、
上手につけて、オシャレ度アップしてくださいね。

卒園式でこのコサージュはNGです!

これまで、
「コサージュ」の上手なチョイスやつけ方についてご説明してきましたが、
これからは、これだけは知っておいてほしい、
「これはNG」についてお話していきます。

「これはNG」1つ目は、
パールクリスタルビーズ系
キラキラタイプのコサージュです。

【出典:http://www.photo-ac.com/】

卒園式とは、
子供たちが主役であるお祝いの席ですから、
パール等のキラキラ系や、
ビーズ等のジャラジャラ系
ズバリNG!

続いて
「これはNG」2つ目は、
シルクレースツイード等の、
「布地」を使ったコサージュです。

一見オシャレに見える
「布系のコサージュ」ですが、
カジュアルに見えてしまうコサージュもあるようで、
卒園式はお祝いの席ですから、
カジュアル系
ズバリNG!

最後の
「これはNG」3つ目は、
などの原色系を使った
「コサージュ」です。

大人の飲み会の席や、パーティーであれば、
ちょっとハデハデな色もあり?かもしれませんが、
卒園式は厳粛な場であるので、
スッキリ控えめな色合いをチョイスするのが正解なようです。

ですから、ハデハデな原色系は、
ズバリNG!

卒園式はあくまで、
子供たちが主役であるお祝いの席ですから、
ママさんたちはちょっと控えめに、
ここで伝えしたNGワードを上手く避けて、
上手にオシャレしてくださいね^^

まとめ

お祝いの席などでの服装を、
ワンポイント華やかに演出してくれるのが「コサージュ」です。

カワイイお子さんのお祝いの席で、
ママも上手に「コサージュ」でオシャレして、
ぜひともステキな思い出に残る卒園式にしてくださいね。

ライター:たつや

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 総合まとめ



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

東京バナナの賞味期限はどれくらい?常温・冷蔵・冷凍の違いを解説!

ふわふわのスポンジと、とろりとしたカスタードクリームが美味しい東京バナナ。 先日 …

ヘアアイロンで火事になる原因第1位「つけっぱなし」の緊急対処法

いまや、女性たちの間で大人気のヘアアイロン。朝のスタイリングの際の必需品になって …

弘前城公園の桜!開花予想2020 さくらまつり駐車場情報

青森県にある弘前公園では、桜前線の北上に伴い4月下旬頃から桜が咲き始め、毎年多く …

no image
【恵方参りの方法】ツールで吉方位の神社を調べる

近年、恵方巻きは大流行ですね。 節分になるとその年の最も縁起の良い方角、恵方に向 …

コンビニバイトを始めよう!あんな評判、こんな評判

これまで一日中ずーっと一緒だった子どもも今春幼稚園に入園し、 日中、私は「自由だ …

童謡こいのぼりの歌詞!屋根より高い2番のお母さんは?

「屋根より高い 鯉のぼり♪」 5月が近づくと「鯉のぼり」が目につくようになります …

入園式ママのパンツスーツは大丈夫?色選びのポイントは?

春に入園式を迎えるお子さまのママの中には、 入園式のファッションについて、 何を …

義母に母の日メッセージで最高のプレゼントを!文例と書き方

母の日の贈り物。お義母さんに何を贈ったら良いのかな? プレゼントにはやっぱりメッ …

目黒川の桜がライトアップ!2019年見どころ情報!

最近の東京都内桜の名所ランキングで、不動の1位を誇っていた上野公園を抜いて1位に …

入園式スーツの色選び!ママが服装で失敗しないポイント!

幼稚園の入園式は、子どもにとってはもちろん、 子どもの成長を心から願うママやパパ …