生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

さよなら肩こりさん、ツボで解消!

   



首から頭にかけて痛みがあるときには、
頭痛からくる肩こりかもしれません。

肩から首の筋肉が固くなってしまうことで、
頭に、首の側から引っ張られるような痛みが起こることがあります。


また、肩の筋肉のこりは、
首につながる部分の血行を悪くします。
それが原因で、締め付けるような頭痛が起きたり、
めまいを感じたりすることもあるのです。

あなたの肩こりは、頭痛から来るものではないですか?

肩こり&頭痛なら、ほぐすべし!

肩こりと頭痛が同時に起きているときには、
まず肩こりをほぐすことを考えてみましょう。
肩こりが原因の頭痛なら、
どちらも同時に解消できるかもしれません。

肩こりの原因になっているのは、
主に姿勢の悪さです。

前かがみになる癖や、
立っている時の左右のバランスの悪さ、
物を持つ手の癖、座るときの足の組み癖、
それらがすべて、
肩や背中のこりの原因になります。

また、目の疲れも肩こりの原因になりやすいものです。
眼の神経とつながっている、顔や首筋の筋肉が、
眼の疲れと共に、こりを起こしてしまうからです。

また、目が疲れると、自然と姿勢が悪くなりがち、
ということも理由の一つですよ。

その他に、ストレス、冷え、運動不足なども、
肩こりを引き起こす原因です。

即効!肩こり解消法

肩こりを解消して頭痛をなくすには、
まず体をあたためることから始めましょう。

筋肉が固まってしまっているので、
強いマッサージでむりにほぐしたりしようとせず、
少しずつゆるめていくのが大事です。
ぬるめのお湯にゆっくりつかり、
血行をよくします。

お風呂につかるのが難しければ、
蒸しタオルで首回りを温めるだけでも効果があります。
目の周りを温めるのもよいですね。

体があたたまってきたら、
軽くストレッチをします。
頭を片側に倒してキープしたり、
首をぐるぐる回すだけで、
首回りが伸ばされていることに気が付くと思います。

両手を大きく、クロールするように回すと、
肩まわりのストレッチ効果があります。
回数を多くするよりも、
ゆっくりと大きく
筋肉が伸びていることを確認してくださいね。

さよなら肩こりさん、ツボで解消!

温めやマッサージがゆっくりできない場合は、
ツボ押しをすることで、症状を和らげることもできます。

肩こりに効くツボをご紹介しますね。

「肩井(けんせい)」のツボは、
首と肩との中間点にあります。
首の付け根の骨と、肩先とのちょうどまんなか辺りを、
ぐーっと指で押してみてください。
数秒押しては離す動作を繰り返すと、
血液の流れがよくなって、こりを取る効果があります。

「合谷(ごうこく)」のツボは手にあります。
親指の骨と人差し指の骨があわさるところを、
甲側から押すとくぼみがあると思います。
その周囲を少しずつ押さえて、
刺激を感じるところが、
合谷のツボです。
親指でぐっと押して、また離す動作を繰り返してください。

特に合谷のツボは、
頭痛や歯痛、眼精疲労といった、
首から上の症状によく効きます。
仕事中でもすぐできますので、
試してみてください!

人に押してもらうのも効果的です。

肩こりに効くマッサージ 肩井と肩中兪のほぐし方

解消しない肩こりは〇〇を受診しよう!

【出典:http://www.photo-ac.com/】

頑固な肩こりが続くときは、
他に原因があるかもしれません。
ひどいときには、病院で検査を受けましょう。

痛みやこりを相談するには、
まず整形外科に行ってみましょう。
筋肉や神経の不調も診察する科ですので、
不調の原因を探ってもらえると思います。
効果的な自己メンテナンスの方法も教えてもらえますし、
単なる肩こりではなく、他の病気が見つかることも考えられますよ。

また、肩こりからくる頭痛だと思って放置していると、
どんどん頭痛の症状が悪化していくこともあります。

こりをほぐしても、強い頭痛やめまい、しびれなどが続くときには、
脳の不調からくる頭痛かもしれません。
神経内科や、脳神経外科の受診を考えましょう。

いずれにしても、肩こりや頭痛は
病気の一歩手前のサインです。

放置しないで、きちんとほぐす時間をとったり、
ひどい場合は病院で診察を受けるなどしてくださいね。

ライター:のあ

スポンサードリンクス

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - からだ・健康に役立つ話



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生理前に太るのはどうして?見た目が気になるときの対処法は?

生理前、いつもはスルッと入るデニムがなぜか窮屈に!! ダイエットを始めようかと思 …

肩こり改善!解消法と応急処置は?病気にも注意

肩こりの症状は人によってさまざま。 常に不快感があるのは嫌なものですし、 症状が …

大人のカロリミットで腹痛や下痢にならないために!

20代の時は、しっかりと食事をしたり、スイーツを満喫しても維持できていたスタイル …

5キロ太ると見た目は変わるの?3キロ,10キロ太ったときは?

体重が増えてしまった場合、「一体何キロ増えたら、見た目でも太ったってバレるんだろ …

コンビニに乗り物の酔い止め薬は売ってる?見つからないときは?

春の桜の季節や暑さも和らぐ秋の行楽シーズンには、いつもより遠くへ出かけてみたくな …

ヤクルトが効果なし?効かないと決める前に考えるべき5つ

便秘にはヤクルトが効く。   こう聞いて試してみたものの、な~んかイマ …

防風通聖散の市販品を徹底比較!実際の効果と価格で分析してみた!

身体に溜まってしまった内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させるのに『防風通聖散』という漢方 …

ものもらいの原因って‥ 治療はどうする?

疲れているときなど、 まぶたの一部が腫れてきて、 ごろごろすることがありますね。 …

ナイシトールの効果は?40代女性が飲んだ結果まとめ

女性の永遠のテーマともいえるダイエット……。年齢を重ねるにつれ、痩せるどころかス …

【有機野菜と無農薬野菜の危険性】違いは?残留農薬は?

野菜は、 体にいいので毎日とりたいですよね。 <筆者の自宅の家庭菜園にて> 生野 …