生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

花束5000円相当の大きさは?予算内に収める工夫も紹介します!

      2018/06/28



目上の方へのお祝いとして花束を贈ろうという時は、華やかで存在感のある花束にしたいと思うものですよね。それに目上の方に贈るともなれば、それなりの予算が必要そうです。

また誕生日や結婚記念日、プロポーズ…。特別な日に、彼女や奥様にちょっと奮発して豪華な花束を贈ろうと思いつきはしたものの、普段から花屋に行き慣れていないと、どのくらいの大きさになるのかや予算の都合も分からなくて買いづらいこともあるでしょう。

そこで今回は、より実用的な参考例をあげるべく「花束5000円相当の大きさは?予算内に収める工夫も紹介!」というテーマでまとめていきます。


気になる仕上がりの大きさはもちろん、高額の予算ならではの疑問にも注目して

  • 花束5000円相当のボリュームはどれくらい?
  • きっちり予算以内に収めるための工夫はある?
  • せっかく豪華にするんだから、他と差をつけたい!

という内容にしました。お金をかけるほどに豪華になっていくのは当然ですが、高めの予算であっても、やはり”お値段以上の豪華さ”に見えるようにしたいですよね。

また豪華な見た目になるので、その場に相応しいボリューム感になっているかも気になるところです。5000円の花束を贈る相手やシーンについても触れていきますので、「自分が用意したい花束の予算として5000円というのが適切なのか?」という不安も解消できますよ。

もしも予算と仕上がりのボリューム感のバランスで悩んでいるようであれば、記事の最後に4000円や2000円といった別の価格帯についてもご案内していますので、ぜひ最後までご覧下さいね。

スポンサードリンクス

花束5000円相当の大きさ・ボリューム感は?

同じ花でも地域や店舗、時期によって価格は変わってきます。使う花材によって花束の大きさも異なってくるので「5000円=このくらい!」と断言できるサイズはないんですが、少なくとも5000円という予算であれば、見栄えがするサイズになることは確かです。具体的な大きさの目安は以下の通り!

花束長さが50〜70cm、幅は30cmが目安
アレンジメント長さは27cm、幅は25cmくらいが目安

例えば赤やピンクのバラなら8〜10本程度入り、そこにかすみ草を入れると更にボリュームが出ます。5000円という予算は余裕があるので、花材のバリエーションも増えて色々と選びやすくなりますね。


男性が女性にプロポーズする時に花束を携えていくなら、「抱えるようなボリュームがあるけれど、抱えきれないほどではない」というサイズ感もちょうど良いですし、見た目にも派手な演出になるでしょうね。他にどんなシーンで贈る時に5000円の花束がちょうど良いと言えるのか、少し具体例を挙げてみましょう。

5000円分の花束を贈る相手やシーンてどんなのがある?

ボリュームのある豪華な花束は、相手との関係性や送り手の気持ち次第ではありますが、フォーマルな場でも恥ずかしくない花束だと言えます。5000円程度ならば比較的持ちやすいサイズ感なので相手も困らない範囲でしょうし、その割にはボリュームが感じられるので見た目は華やかです。

それだけに、

  • お世話になっている上司の昇進祝いとして
  • 父親や会社の上司の退職祝いとして
  • 卒業式でお世話になった先輩や先生に贈る

という目上の方に贈るケースが多いでしょう。

他にも劇場鑑賞で舞台がこけら落としという場合にも、場を華やかにする良い役割を果たしてくれますよ。ピアノなどの習い事の発表会では、子ども同士なら1000円前後のミニブーケ、大人同士でも2000~3000円程度の花束が多いかと思います。ただ発表会ではなくプロの公演になりますと、友人同士であっても華やかな5000円というサイズがちょうど良いのではと思います。

開店祝いや個展を出すときに花を贈る場合は、テーブルや台に置くサイズのアレンジメントも5000円くらいからありますので花束に限らなくてもいいでしょう。ただし、スタンド花は5000円では見当たらないでしょうから注意しましょう。私の友人が個展を開いた時にも、テーブルに置くタイプのアレンジメントがいくつか贈られていましたよ。画廊などはあまり広くありませんのでスタンドの大きな花では置きにくいでしょうし、絵を邪魔しない程度の大きさの花の方がその場に相応しい感じがしました。

花束のしおれに要注意!何時間後に渡すかを注文時に伝えよう

花束を渡すまでに時間がある場合や相手が帰宅するまでに時間がかかる場合は、花束を長く持ち歩くことになります。切り花は水分が足りなくなるとしおれていってしまいますから、花束を作ってもらう時に「何時間後に渡すか」「何時間程度持ち歩くか」といった事情は伝えておきましょう。

花束を作る際には、持ち歩く時間に合わせて

  • 水分を含ませたもの
    (簡単に言うとティッシュを濡らしたようなもの)を茎の先に巻く
  • 花屋によっては、ジェルや紙などの保水材をつけてくれるところもある

といった処置をしてくれます。かなり長い時間持ち歩くことになるのであれば、オアシスを使うカゴ入りのアレンジメントがオススメですよ。花束よりも花自体が傷まずにすみます。

5000円というと複数の人で出し合う時にも設定しやすい金額ですが、皆から集めたお金ってお釣りを出すのは面倒ですし、できれば予算ちょうどで収めたいところです。きっちり予算以内にしたいなら、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

予算5000円以内に収めたい!自宅からの持ち込みはOK?

予算は5000円といえど、花だけで5000円分選べるわけではありません。店によってはラッピング代が別でかかりますし、配送を頼むのであれば送料もかかってきます。またお店の値段表示が内税か外税かには注意しておきましょう。うっかり消費税分オーバーというのも、意外と痛手になりますからね。

あらかじめ予算額を伝えてから花束を作ってもらうことになると思いますが、税込みで計算することや配送の要不要についてもしっかり確認しておくと誤差が出にくくなりますよ。

また単に花束の大きさ(ボリューム)が足りないだけであれば、メインの花を1本減らし、フィラーフラワーを増やしましょう。フィラーフラワーというのは、例えばカスミ草のように1本の茎から枝分かれして小さな花をたくさんつけているタイプの花のことで、隙間を埋めたりボリュームを足したりするのに役立ちます。


このように花の選び方次第で十分にボリュームは出せると思いますが、どうしてもイメージと違ってうまくいかないという時があるかもしれません。

特にイベントシーズンには花の値段も高めになりますし、自分でイメージしていたよりもボリュームがやや少なく「思ったほどではなかったな…」という印象になってしまうこともあります。ついつい「自分で花を持ち込んだら安くならないかなぁ…」なんて考えてしまいますよね。

お店に気に入る花が置いていなかった時は…

  • ラッピングなどのセンスが良くて気に入っているお店だが、使いたい花が売っていなかった⇒別の店で買った花を持ち込んで、頼みたい店の花と組み合わせて花束にしてもらう
  • 自分で育てた花を使いたい!⇒お店に持ち込んで、他の花と組み合わせて花束にしてもらう

花以外の物を持ち込みたい時は…

  • 器やカゴなどを持ち込んでアレンジメントを作ってもらう
  • 花束以外のプレゼントを、花束に合わせてラッピングしてもらう

こういった対応をしてくれるお店もあるようです。手製の物やデザインにこだわりがあるなど、事情を話せばこういった花以外の物の持ち込みはできるかもしれません。いずれにしても、こういった無理を通せるかどうかの確認は事前にしておきましょう。


お店によっては気持ちよく対応してくれるかもしれませんが、基本的に対応はお店の考え方次第なので事前に確認しておいた方が良いです。

ただ頻繁に持ち込まれるとお店としては体裁が良くないですし、店員さんも気分良くはないですよね。あからさまに嫌な顔になったりはしないでしょうけれど、ラッピング料が普段よりも高めに設定されたり、「1度きり」という条件だったりということはあるかもしれません。

こういう強引な手段は、あくまで当てにしていたのに気に入る花がないなぁという時に限り、緊急措置での相談にしておきましょうね。

スポンサードリンクス

他とは一味違う花束を!ネットでフラワーデザイナーに直接依頼してみよう

例えば「プロポーズで花束をプレゼントする」というシチュエーションなら、「他の人とは違う特別な花束を用意したい!」って思いますよね。大勢から花束を渡されるであろう人に贈る時だって、他の人とよく似たアレンジメントだと気まずくなったりします。

5000円という予算であれば選択肢はかなり増えますので、例えば1000円のミニブーケを作る時と比べると選択肢も多く、かなりバリエーション豊かに花束を作ることができると思います。「他人とかぶらない」というのであれば、さほど心配はなくなってくる価格帯とも言えますね。

ただ「特別感を出したい」というのであれば、話は別です。百貨店やホテル、飲食店のお花などを手がける

フラワーデザイナーに依頼して、洗練されたデザインの花束やアレンジメントにしてみるのはいかがでしょうか。花の量や全体の大きさといったボリュームを重視するのではなく、デザインの迫力によって存在感を放つ作戦です。


フラワーデザイナーへの注文は3000円くらいから依頼ができますが、5000円という予算ならば選べる花材の種類が増え、デザインの自由度が高くなります。デザイナーにお任せするのも良いのですが、細かい条件を伝えて注文するからこそ差をつけることができます。花を贈る相手の情報をしっかり伝えておきましょう!

ネットでも注文することができますし、その場合も”できあがり画像”を送ってくれるサービスも多いので安心ですよ。サイトにはお手頃価格で工夫を凝らした大人向けのアレンジが多いところや、季節感たっぷりのアレンジメントを得意をするところなど、様々に特色があります。いくつかサイトをチェックしてぴったりのところを探してみてくださいね。


ネット通販で注文するのであれば、目安として1週間前には注文を済ませること!その他ネットの場合は配送料やラッピング料、消費税が含まれているか否かという確認もしてくださいね。

初めてフラワーデザイナーに注文するという方にオススメなのが、こちらのサイトです。予算やシーンからデザイナーの作品例も検索できますし、デザイナーの数こそ多くはないですが、今後は増えていく可能性もあります。

Sakaseru


もちろん普通の街中のお花屋さんだって、オーソドックスに似たような花束を作るだけではありません。お店の個性は出るものですし、あなたが贈る相手の事を考えてしっかりイメージを持っておくだけでも違いは出ますよ。

まとめ

予算5000円!大きさの目安

花束長さが50〜70cm、幅は30cmが目安
アレンジメント長さは27cm、幅は25cmくらいが目安

  • 5000円という予算であれば、ある程度のボリュームは見込める
  • 大きすぎず、寂しくない量で華やかさがあるので目上の方に贈る場合に好適
  • 花がしおれないように、花束を持ち歩く時間がどの程度かは伝えておこう

予算以内で豪華にしたい!持ち込みはできる?

  • 他店で買った花や自宅で育てた花の持ち込みができる店もあるが、お店の考え方次第
  • 器やカゴなどのラッピング材料を持ち込むことができる場合もあるが、これもお店によって対応は異なる
  • 断られても仕方のない注文なので、事前に店に確認して効率良く立ち回ろう
  • お店にあるものだけで注文しないのはお店に対しても失礼なので、頻繁に使える手段ではない

他と差をつけたい!フラワーデザイナーに注文

  • 百貨店やホテル、飲食店のお花を手がけるフラワーデザイナーに注文すると凝ったデザインにできる
  • 3000円くらいから注文できるので、5000円だと自由度も高くなりオススメ
  • ネットでも注文できるので、自分の好みのデザイナーを探せる
  • ネット通販の場合は1週間前を目安に注文しておこう

5000円という予算であれば、どう選んでも花束として十分見栄えはすると思います。けれど更に知恵を絞ることで、より華やかな花束になります。季節感を重視したり、スリムでシックなイメージにするか、愛らしくふんわりしたボリューム感にするかでも形が変わってきて楽しいですよね。どんな花をメインにしていくかで、同じ予算でもずいぶんと印象が変わるものです。

また相手の好みに合わせたり、シチュエーションに合わせた雰囲気に仕上げることも大切です。より一層喜ばれるようにという、あなたの細やかな心配りが花束の個性に繋がりますよ!

贈る側としても、ある程度しっかり予算を取って自由に花を選んだり、ラッピングを選んだりという作業は楽しいですよね。相手の喜ぶ顔を思い浮かべて、店員さんと相談しながら贈るまでの過程を楽しんでくださいね。

最後になりましたが、もしも予算について迷われているようであれば、他の価格帯での花束の買い方についても記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事 花束2000円分の大きさは?もう迷わない!花束注文のコツ

スポンサードリンクス

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 暮らし・料理



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大学生協の保険って入らないでも大丈夫?保険なしの注意点は?

晴れて大学に進学すると決まったら、新生活の準備でバタバタしますよね。特に1人暮ら …

ココスの予約はネットからできるの?当日持ち帰りしたい場合は?

人気のファミレス「ココス」は、予約ができるのをご存じでしょうか? お店を利用した …

サイゼリヤの深夜料金ってジョーシキ?いくらぐらいかかるもの?

友人たちと久々に再会して積もる話をしているうちに、夜が更けてきました。もう少しお …

あんこの賞味期限に要注意!手作り~市販品の日持ちは?

突然ですが筆者、今ダイエット中なんです~(えっ?興味無い?) でも、大の甘党であ …

お弁当を夜作るのは大丈夫?朝までは冷蔵庫?夏,冬の注意点

昨春、下の息子もようやく小学校へ入学し、お弁当作りから開放された筆者。「ようやく …

郵便ポストの回収時間は?最終の取集時刻を今すぐ知りたい!

郵便物をポストに投函したら、任務完了!あとは自分の責任じゃないし、郵便屋さんに任 …

たらの芽!とげはどう処理する?天ぷらの下ごしらえ

「たらの芽」って、山菜の中でもすごく美味しいと思いませんか?   &n …

所得証明書の発行に必要なものは?流れをわかりやすく解説!

お役所に行くのって、少し気が重いですよね!建物に入ると沢山の課に分かれていて、自 …

どら焼きの賞味期限切れを食べても大丈夫?

突然ですが、どら焼きって美味しいですよね♪筆者も大好きなんです。 ドラえもんが大 …

非通知の無言電話の目的は?間違った対応をしたら危険です!

最近、非通知の無言電話がかかってくるようになりました。あなたも、そんな経験はあり …