生活の知恵袋 AURORA

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

花束4000円相当の大きさは?このくらいまで可能です!

      2018/05/14



あなたが誰かに花束を贈るのは、どんな場面ですか?やっぱりお祝い事が多いでしょうか。

例えば奥さんの誕生日や結婚記念日、お世話になった方への感謝として贈る時などは、少し大きめの華やかな花束がいいですよね。特に花束のみをプレゼントするなら、それなりのボリュームはあってほしいです。

そもそも花束って、いくらぐらい出せばボリュームたっぷりになるのでしょうか?花は少し高いイメージがありますし、もしかしたら自分の予算では思ったほどのボリュームにはならないかも?と心配になってしまいますよね。


何人かがお金を出し合って予算を都合する場合は予算も高めになりますし、お金を出し合って贈った側の皆も納得するような花束にしたいところ…。最初に予算を決めるにあたって、何か参考になる情報はないかと思っている方もいらしゃることでしょう。

そこで今回は「花束4000円相当の大きさは?このくらいまで可能です!」というテーマにしました。

  • 4000円相当の花束の大きさ
  • 店員さんに注文する時のコツ
  • ネット通販だとどうなる?
 

という気になる3点に注目して詳しく解説していきます。今回は4000円ということで、少し豪華な花束を用意したい方向けと言ったところでしょうか。 花屋へ出向く前に、まずはネットで少し知識を得ておこうというあなたのために、金額を設定して具体的な参考例を挙げていきます。

また1000円~3000円代の花束についても記事を書いております。記事の最後にリンクがありますので、4000円の内容をご覧になった上で予算に迷われるようならば、そちらも併せてご覧くださいね。
Sponsored Links

花束4000円相当の大きさは?このくらいまで可能です!

4000円という予算枠ならば、花束に使う花の選択肢も広がってきます。選び方によっては結構なボリュームの花束を購入することができますよ!特別に高価な花を組み合わせない限りは、ちょうど抱えられるくらいの大きさの花束をイメージされると良いかと思います。

例えば相手が持ち歩く時の負担にならないようコンパクトなサイズにしたいのであれば、

ガーベラをメインにするのがオススメですよ。季節感が強い花でもないし、数多く取り入れることができます。またガーベラは色数も豊富なので、どの色を使うかによってシックにも可憐にもできます。他にも参考例をあげますので、イメージの参考にしてくださいね。

 

<4000円の花束参考例3つ>
  • チューリップ7本をメインに、スイートピーをあしらう⇒たっぷりの横幅でボリュームが出る
  • やっぱり王道の薔薇をメインで!⇒4~5本が目安で、安い品種なら10本近く組み込めるかも?
  • とにかく大きなブーケにしたい!⇒葉物を入れると良い
 

薔薇は色んな花と混ぜない方が作りやすいんですが、それだけだとごく普通の”片手で握れる程度”のサイズの花束になります。また色によって薔薇のみにするか他と混ぜるかの好みが分かれるところでもありますね。

 
 

葉物を入れるブーケであれば、高さ40センチ×直径35センチくらいを想定されるのが良いでしょう。例えばドラセナ・アレカヤシ・モンスなど大き目の葉物を2本程度入れるだけで、ボリュームも出るしメリハリもついて華やかになりますよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【生花】ドラセナ[グリーン]::[5本]
価格:540円(税込、送料別) (2018/5/12時点)


 

花束4000円分で!店員さんには具体的にどう伝えたらいい?

4000円分の花束って、どれくらいなんだろう?とういう方に簡単にご説明するのなら、

「大きく豪華に」という注文が堂々と言えるようになるのが4000円台です。

特定の花をメインにするという希望があればそれを最初に。特に指定がないのであれば、贈る相手が好きな色などを指定して、豪華に見えるようにお願いすれば華やかになる組み合わせやラッピングを考えてもらえます。

 
 

「予算は4000円なんですが、どの程度の花を入れられますか?」と尋ねてみるのが一番手っ取り早いですね。

花は時期によって値段が変わりますし、品種によって1本あたりの単価も様々作りたい花束の雰囲気やシチュエーション、相手の好みなどに併せて様々な組み合わせが候補にできますので、店員さんに詳しく相談しながら作っていくのが良いでしょう。

 
  • 渡すときの状況(誕生日・結婚記念日・還暦祝いなど)
  • 相手が持ち帰る状況(花束を持ち歩くと思われる時間や電車など使用する交通機関など)
  • 相手の好みの色や花などを分かる範囲で
 

といったことを詳しく話し、状況に合った花の中から選ぶのが効率の良い方法ですよ。4000円分の豪華な花束なんて贈られたら、受け取る側もさぞ嬉しいでしょうね。


ただしラッピング代が別で足されるところもあります。ラッピング代を含んでの4000円か、花のみでの4000円かを確認するのを忘れずに!もしもラッピング込みで4000円と言われた場合、花は実質3500円程度になるというのが目安です。花にボリュームを出すのであれば、全体のバランスを取ってリボンだって華やかな物を選びたいところですものね。

 

~ちなみに3500円の花のボリュームは、このくらいです!~

4000円分が3500円分になったからといって、見劣りがするわけではありません。3500円だってそこそこのサイズ感にはなります。
  • カラーを6本程度使って、シンプルながら印象的な花束に仕上げる
  • ゆりを花が咲いている状態のものを3本、残りは”つぼみ”のまま葉を多くつけたもので仕上げる
といった組み合わせなど、3500円でもボリューム感は充分に出せます。またッドバスケットに入れてマスコットをつけるなど、花以外で豪華にするラッピング方法もありますよ。

 

ただ花屋で1本〇〇円という花を組み合わせて花束を作っていくと、どうしても予算を少しオーバーしてしまったりします。数人でお金を出し合う場合などは予算きっちり!の方が都合が良いですし、費用の合計がはっきりとわかるネット通販も選択肢に加えておきませんか?
Sponsored Links

ネット通販なら「送料無料でジャスト4000円!」も見つかります

ネット通販なら見本写真を見て花束を選ぶこともできますし、セール中は送料無料になるなど予算が分かりやすいのも利点です。予算4000円ともなれば選べる花束の種類も豊富になってきますし、アレンジメントも安っぽくはなりませんよ。

相手の好みやシチュエーションに合わせてアレンジメントを選んだりメッセージカードを添えたりすることもできます。生花以外にも、プリザーブドフラワーで作った指輪なども購入できるので、サプライズをお考えの方は一風変わった花のプレゼントをお探しになるのも楽しいでしょうね。


ネット通販を注文する時には
  • 当日の返品交換ができないこと
  • 配達に日数がかかる場合が多いので計画的に利用すること
などに注意して、余裕を持って手配するようにしましょう。

ネットで4000円分の花束の見本写真を色々と見ておき、それを参考に店へ出向いて購入してもいいですね。どうしてもこの花を使いたいというこだわりがある時は、ネットで探って置いた上で近くの店舗の取り扱いや値段を見てから決めるのも1つの手段です。

 
 

お祝いにお花を贈るなら、花言葉と一緒に

メインの花を選ぶ際に、候補の花の花言葉に注目してみてはいかがでしょうか。花に贈りたい言葉を代弁してもらうのも素敵です。誕生日や卒業、退職などのお祝いに贈る場合など、贈る状況に合う花言葉を事前に調べておくのも良いですね。

例えばこのあたりは選びやすい花かと思います。
  • 卒業祝い⇒カリフォルニアポピー(友情
  • 退職祝い⇒白いダリア(感謝
ただ花言葉辞典で良い言葉が見つかっても、お店に置いていなかったり、花束やアレンジメントに向かない花だったりもするので、あまりこだわりすぎずに「できれば取り入れよう」くらいで思っておくと良いでしょう。

事前に予約しておくのであれば、「気に入った花言葉の花があるか」「仕入れ可能か」「花束やアレンジメントにできるのか」といったことを、予約の際にお店に確認しておけば確実です。

どの店でも同じというわけにはいきませんが、ネット通販で花の種類や大きさ、自分の予算でできる花束のボリュームなどを調べておけば、かなり参考になるはずですよ。

まとめ


<4000円分の花束の大きさ>
  • ボリュームがあり、ちょうど抱えられるくらいの大きさが目安
  • 葉物を入れるブーケであれば、高さ40センチ×直径35センチくらい
  • コンパクトにしたい⇒ガーベラがオススメ
  • チューリップ7本をメインに、スイートピーをあしらう⇒たっぷりの横幅でボリュームが出る
  • やっぱり王道の薔薇をメインで!⇒4~5本が目安だが、安い品種なら10本近く組み込めるかも?
  • とにかく大きなブーケにしたい!⇒葉物を入れると良い
<店員さんに注文する時のコツ>
  • 渡すときの状況(誕生日・結婚記念日・還暦祝いなど)を伝える
  • 相手が持ち帰る状況(花束を持ち歩くと思われる時間や電車など使用する交通機関など)を伝える
  • 相手の好みの色や花などを分かる範囲で伝える
  • ラッピング込みで4000円か、花のみで4000円+ラッピング代なのかを確認しておくと良い
<ネット通販で花束を買うなら?>
  • 合計金額が表示されるので予算内におさめやすい
  • 見本写真があってイメージしやすい
  • 生花以外にも、プリザーブドフラワーの作品など一風変わった物も探せる
  • 当日の返品交換ができないことや、発送にかかる日数に注意して計画的に利用しよう
  • ネットの写真を参考にイメージを固め、お店に買いに行っても良い
<花束に使う花を花言葉で選んでみよう>
  • 気に入った花言葉の花があるか、花束に使えそうかなどはお店に確認しておくと良い
  • 卒業祝い⇒カリフォルニアポピー(友情)、退職祝い⇒白いダリア(感謝)などは選びやすい
 

お祝いの場や感謝の気持ちを伝えたい時に、華やかな花束はピッタリですよね。選ぶ人や贈られる人の好みによって、同じ金額でも仕上がりは本当に様々です。

「わからないから任せるので無難に…」「定番でいいよ」という注文の仕方であっても、色を相手のイメージに合わせる程度の選択肢は出てくるんじゃないかなーと思います。相手に必ず喜んでもらうためには「定番で」というのも間違いではないと思いますが、せっかく予算も高めにするんだし、しっかり悩んで選んだ方が気持ちも込められると思いませんか?

相手のことを考えて一生懸命に選んだ花束は、どれも素敵に見えます。店員さんもどんなものが好みなのか、どういった雰囲気が喜ばれるかなどを考えながら作ってくれますので、ぜひ色々と相談しながらじっくりと花やラッピングを選んでみてくださいね。

もしも花束の予算って高くないとダメかなぁ?と迷われているのであれば、1000円や2000円の花束についての記事もありますので、併せてご覧下さいね。別でプレゼントを添える場合など、低予算の花束の方が向いているシチュエーションもあるんですよ!

↓↓↓
花束1000円分の大きさは?失敗しない花束注文のコツ

花束2000円分の大きさは?もう迷わない!花束注文のコツ

Sponsored Links


本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 暮らし・料理



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

領収書を再発行するときの「書き方」には要注意!

経理を任されている方、または事業者の方にとっては、領収書の発行は、日常的な業務で …

引越しで隣人に挨拶しないケースと必要なケース!見分け方

新生活がスタートする季節になりました。 「一人暮らし」に期待がふくらみますが、心 …

共働きの洗濯はいつする?干す時間や場所のおすすめは?

もうずいぶん前のことなのですが、新婚当時、筆者夫婦は共働きでした。 結婚前は「お …

【結婚式のマナー】二次会の服装はカジュアル?フォーマル?

以前は、結婚式の二次会といえば、 披露宴で飲み足りなかった、話し足りなかった人た …

【桜餅と柏餅の違い】道明寺粉って何?葉っぱは食べる?

桜餅や柏餅は良く店頭でみかけますが、違いって知ってますか? 調べてみると、違いが …

甥っ子、姪っ子の入園・入学祝い!年齢別の相場はいくら?

子どもたちにとって、保育園や幼稚園の入園、小学校や中学校の入学は大事な節目。ワク …

ふるさと納税のお礼品が届かない!どうしたらいい?

ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付金を納めると、翌年の住民税が減額(およその …

国際交換局から発送後、届くまでの日数を国別徹底解説!

インターネットでポチっとすれば、簡単に買い物ができ、とても便利な世の中になりまし …

コンビニおにぎりのグラム数‥米, ご飯は何カロリーに相当?

突然ですが、「おにぎりダイエット」ってご存知ですか? この所、同僚のA子が昼食に …

コンビニで無断駐車したら張り紙が!! 罰金になるって本当?

「コンビニの駐車場に2時間ほど車停めっぱなしにしてたら、  車に「罰金払え」って …